フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 統計的性差別のお手本? | トップページ | なんで「ジョブ型」がこうねじれるんだろう? »

2020年6月 6日 (土)

テレワークと繋がらない権利

48999925571_3ef50427b1_k 欧州労連(ETUC)が6月2日付で、「ロックダウンが労働者にとってつながらない権利の緊要性を示した」(Lockdown shows urgent need for workers to have a right to disconnect)という声明を出しています。いわゆるロックダウンはなかった日本でも、自粛要請の下でテレワークが急速に行われたことから、示唆されることは多いように思われます。

https://www.etuc.org/en/pressrelease/lockdown-shows-urgent-need-workers-have-right-disconnect

Before the outbreak, just one in ten people worked from home every day. But new European research shows that almost 40% of EU workers started working from home during confinement. ・・・

コロナ蔓延以前は毎日在宅勤務する労働者は10人に1人だったが、最近の調査によると外出制限の期間中在宅勤務するEUの労働者はほぼ40%に達していた。・・・

The ETUC supports ‘telework’ for as many workers as possible in these exceptional circumstances but we are vigilant that working from home every day can blur the line between professional and personal time. 

欧州労連はかかる例外的な状況で可能な限り多くの労働者がテレワークすることを支持する、が、毎日在宅勤務することが職業生活と個人生活の区分をあいまいにすることには用心すべきだ。

・Twice as likely to work 48 hours or more a week than those working at their employer’s premises
・Six times more likely to work in their free time
・The group of workers most likely to report waking up repeatedly during sleep

・週48時間以上働くものが会社の施設で働くよりも2倍多い

・自由時間にも働くものが6倍多い

・睡眠中も繰り返し起きる傾向がある

These negative effects are caused by managerial monitoring, demand for constant availability and blurred boundaries between work and private life, according to the European Parliament. 

これらのネガティブな影響は経営側による監視、常時接続の要求、仕事と個人生活との区別の曖昧化によって引き起こされている

リンチ副事務局長曰く:

As working from home becomes a more permanent feature of working life, employers must respect their workers’ right to disconnect and member states should enshrine it in national legislation. 

在宅勤務がますます職業生活の恒常的な特徴となるにつれて、使用者は労働者の繋がらない権利を尊重しなければならないし、加盟国はそれを各国の法制に明記すべきだ

 

 

« 統計的性差別のお手本? | トップページ | なんで「ジョブ型」がこうねじれるんだろう? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 統計的性差別のお手本? | トップページ | なんで「ジョブ型」がこうねじれるんだろう? »