フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« JILPT緊急コラム「新型コロナ休業支援金/給付金の諸問題」 | トップページ | 野口雅弘『マックス・ウェーバー』 »

2020年5月29日 (金)

大内伸哉『経営者のための労働組合法教室[第2版]』

51svcgsbj4l_sx350_bo1204203200_ 例によって、讃井暢子さんより大内伸哉『経営者のための労働組合法教室[第2版]』(経団連出版)をお送りいただきました。いつもありがとうございます。

労働組合法を遵守することは、経営者にとっての最低限の責務であり、よい経営のための要諦です。国の最高法規である憲法は、教育、勤労、納税の義務を定めていますが、経営者にはもう一つ、労働組合から申し込まれた団体交渉に応じる義務があるのです。そのため、経営者には労働組合法の基礎的な知識が欠かせません。コンプライアンスを尊重することができなければ、経営者失格です。
本書は、法によって大きなパワーが与えられている労働組合と良好な関係を保ち、よい経営をしていくための一書です。労働委員会の公益委員として数々の事件を担当した著者が、労働組合と上手につき合うための基礎的知識、労働組合をめぐる法的ルールをわかりやすく解説します。
労働組合とどうつき合っていくかに悩む実務担当者、労働組合法を基礎から学びたい組合従事者にもおすすめします。 

大内さんの本としては、大内節はあんまり前面に出ず、ものを知らない経営者に懇切に解説するという風情の本ですが、それでも最後の第19講、20講あたりはいかにも大内さんらしい記述が見られます。

 

 

« JILPT緊急コラム「新型コロナ休業支援金/給付金の諸問題」 | トップページ | 野口雅弘『マックス・ウェーバー』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JILPT緊急コラム「新型コロナ休業支援金/給付金の諸問題」 | トップページ | 野口雅弘『マックス・ウェーバー』 »