フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 『Japan Labor Issues』5・6月号 | トップページ | 就業形態による社会保険格差の盲点-傷病手当金@WEB労政時報 »

2020年5月26日 (火)

ホストクラブとキャバクラはメンバーシップ型とジョブ型?

Image_20200526065101 いまや、ジョブ型、メンバーシップ型という概念はほとんど何にでもつくくらいポピュラーになったんだなあ、としみじみ思うような文章がありました。

新宿、歌舞伎町の元売れっ子ホスト手塚マキさんのインタビュー記事から。 

https://www.timeout.jp/tokyo/ja/things-to-do/interview-maki-teduka

・・・ホストクラブとキャバクラの違いについて、私は「メンバーシップ型」と「ジョブ型」という言い方をよくします(濱口桂一郎著『若者と労働』より)。高度成長期の日本のように、とにかく一度雇って本人の個性や魅力を判断し、うまく成長させていくのがメンバーシップ型、女の子が入店初日から商品価値を問われるのがジョブ型です。
では、ホストクラブは?というと、思い切りメンバーシップ型です。まだ何者でもない男の子たちを、とりあえず受け入れて育てていくわけですから。しかも、ホストクラブというのは、一見さんが来ていきなり10万円を使うことはほぼありません。最初は3,000〜5,000円程度のお試し価格で入店し、顧客がホストを気に入り指名するようになって、初めて売り上げが立つのです。・・・ 

ふうむ、そうなのかぁ。

 

« 『Japan Labor Issues』5・6月号 | トップページ | 就業形態による社会保険格差の盲点-傷病手当金@WEB労政時報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『Japan Labor Issues』5・6月号 | トップページ | 就業形態による社会保険格差の盲点-傷病手当金@WEB労政時報 »