フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 菅野和夫『労働法の基軸』 | トップページ | ホストクラブとキャバクラはメンバーシップ型とジョブ型? »

2020年5月25日 (月)

『Japan Labor Issues』5・6月号

Jli_20200525214301 JILPTの英文誌『Japan Labor Issues』5・6月号がアップされました。

https://www.jil.go.jp/english/jli/documents/2020/023-00.pdf

Trends Key topic: Challenges Facing Japan: Work Styles and Labor Shortages: MHLW’s White Paper on the Labor Economy 2019

Research Research notes: Realities of Restructuring Enterprise Organization in Japan: Frontlines of Industrial Relations OH, Hak-Soo

Judgments and Orders Worker Status of the Joint Enterprise Cooperative Members The Joint Enterprise Cooperative Workers’ Collective Wadachi Higashimurayama Case HAMAGUCHI Keiichiro

Japan’s Employment System and Public Policy 2017-2022 Wages in Japan Part I: Why Does Japanese Wage Curve Have a Strong Seniority Element? NISHIMURA Itaru 

呉学殊さんの企業組織再編に係る労使関係の分析、西村純さんの日本の賃金制度の分析に挟まれて、わたくしの判例評釈は企業組合ワーカーズ・コレクティブ轍・東村山事件で、テーマは企業組合メンバーの労働者性です。これは、一見周辺的なトピックのようですが、なかなか興味深い問題を提起していると思います。

 

 

« 菅野和夫『労働法の基軸』 | トップページ | ホストクラブとキャバクラはメンバーシップ型とジョブ型? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 菅野和夫『労働法の基軸』 | トップページ | ホストクラブとキャバクラはメンバーシップ型とジョブ型? »