フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 最新の労働者協同組合法案@『労基旬報』2020年5月25日号 | トップページ | フルプレイヤーとして働く高齢者が必要なんだが »

2020年5月21日 (木)

野川忍編著『労働法制の改革と展望』

08223_20200521150101 前に予告をしていた野川忍編著『労働法制の改革と展望』(日本評論社)が届きました。

https://www.nippyo.co.jp/shop/book/8223.html

働き方改革関連法に代表される労働法制の動きを総合的に評価し、今後実効性のある、有意義な労働法制の構想を広く展望する。 

何回か予告してきたように、わたくしも第13章の「日本の外国人労働者法政策-失われた30年」を執筆しておりますが、この目次の執筆者をみれば、大変読む価値の高い論文が並んでいることが分かると思います。

第1章 労働法制の展開ーー現状と動向………野川 忍
第2章 労働時間規制の手法ーー長時間労働規制と労働時間法制のあり方………長谷川 聡
第3章 年次有給休暇制度における付与義務構成の再評価ーー労基法上の義務としての休暇制度………奥田香子
第4章 裁量労働制の意義と課題ーー時間計算の仕組みと適用除外制度のあいだ………石田信平
第5章 派遣労働法制と均衡処遇の課題………國武英生
第6章 パートタイム・有期雇用労働法の制定と同一労働同一賃金理念………川田知子
第7章 企業変動に対応する労働法制の可能性………中井智子
第8章 労働安全衛生法の新たな機能………小畑史子
第9章 正社員の法的位置ーー合意型正社員の可能性………野川 忍
第10章 多様な労働者・就労者像の実態と法的位置づけ………岡田俊宏
第11章 労働市場活性化への法政策 大木正俊
第12章 マイノリティのための労働法制へ向けてーー立法政策のための基礎理論的考察………有田謙司
第13章 日本の外国人労働者法政策ーー失われた30年………濱口桂一郎
第14章 労働法の規律のあり方についてーー隣接企業法との交錯テーマに即して………土田道夫
第15章 労働者代表制の構築に向けて 皆川宏之
第16章 使用者側からみたハラスメント法制の現状と課題に関する一考察………町田悠生子
第17章 「働き方改革」の到達点とこれからの労働法の可能性………水町勇一郎 

ちなみに、他の論文と異なり、わたくしの第13章には注が全くついていませんが、これは全部削ったからです。最初の原稿は倍くらいあり、半分に減らせと言われてその通りにした際に、注も全部外しました。

« 最新の労働者協同組合法案@『労基旬報』2020年5月25日号 | トップページ | フルプレイヤーとして働く高齢者が必要なんだが »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最新の労働者協同組合法案@『労基旬報』2020年5月25日号 | トップページ | フルプレイヤーとして働く高齢者が必要なんだが »