フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« シニア全共闘世代の雑誌 | トップページ | 日経ビジネスに登場 »

2020年4月28日 (火)

今日はコロナ禍のさなかの国際労働者祈念日

Arton2287594068 本ブログでは毎年、連合も全労連も祝ってくれない国際労働者祈念日(International Workers’ Memorial Day)を注意喚起しておりますが、今年も新型コロナウイルスで全世界の労働者が安全衛生上の危険に曝されながら働いているさなかに、改めて念押し的に注意喚起しておきます。国際労連(ITUC)のサイトから:

https://www.ituc-csi.org/28April2020?lang=en

April 28 is International Workers’ Memorial Day or Workers’ Mourning Day. This is the international day of remembrance and action for workers killed, disabled, injured or made unwell by their work. 

The focus this year is of course the global COVID-19 pandemic. While everyone is affected by the crisis, workers are on the front line.
“Healthcare workers in particular are risking their lives doing their job to take care of the sick. And there are people working in aged care and other facilities looking after the most vulnerable groups of people. But we also need transport and supermarket workers, providers of essential services and many others to keep the economy going. People should also thank these workers because if you can’t buy food, then you can’t keep your family sustained and healthy,” said Sharan Burrow, ITUC General Secretary.
International Workers’ Memorial Day 2020 will be held in support of all these courageous workers and in remembrance of the people who have died or become sick or injured while doing their job.
Social distancing and lockdown measures most likely mean that physical meetings and events will not be possible

4月28日は国際労働者祈念日または労働者追悼日である。これは、仕事で死んだり、障害を負ったり、傷ついたり、体調が悪化した労働者のための国際的な記憶と行動の日である。

今年の焦点はもちろんグローバルな新型コロナパンデミックだ。誰もがこの危機の影響を受けるが、労働者はその前線にいる。

「とりわけ、医療労働者は病人の世話というその仕事をすることによりその生命を危険に曝している。そして、もっとも脆弱な人々を面倒見る高齢者その他の施設で働く人々もいる。しかし我々は運輸労働者やスーパーマーケット労働者、経済が動くためのエッセンシャルサービスの提供者その他の多くの人々を必要としている。人々はまた、もし食物を買えなければ家族を健康に保つこともできないのだから、これら労働者に感謝すべきである」とITUCのシャラン・バロー事務局長は言った。

2020年国際労働者祈念日はこれら勇敢な労働者を支持し、その仕事を遂行して死んだり病気になったり傷ついた人々を記憶して行われる。・・・

 

« シニア全共闘世代の雑誌 | トップページ | 日経ビジネスに登場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シニア全共闘世代の雑誌 | トップページ | 日経ビジネスに登場 »