フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ウーバーイーツ配達員の労組法上の労働者性 | トップページ | 『情報労連REPORT』3月号 »

2020年3月17日 (火)

滝原啓允ディスカッションペーパー『イギリス労働法政策におけるGood Work Plan』

JILPT研究員滝原啓允さんのディスカッションペーパー『イギリス労働法政策におけるGood Work Plan』が公開されました。

https://www.jil.go.jp/institute/discussion/2020/20-02.html

プラットフォームを介在させた働き方の出現、人工知能などによる技術革新、非典型雇用の増加といった社会的変容を経験する中、各国は様々な労働法政策を展開させつつある。そうした中にあって、本研究は、イギリス政府による政策文書であるGood Work Plan(2018年12月)を素材とし、同国における労働(雇用)法政策につき紹介をなすものである。すなわち、本研究は、当該文書が如何なる背景のもと、どのようなことを念頭に策定されたものなのか明らかにしつつ、また同文書が提案する具体的な労働法政策について紹介することを、主な目的とする。

ドイツの労働4.0のイギリス版でしょうか。

上記目的のもと、本研究は、① EU離脱、② プラットフォーム・エコノミーの進展とクラウドワークの登場、③ 雇用上の法的地位と税制・社会保障、④ ゼロ時間契約・派遣労働といった諸課題を主な背景として、それら全部またはその一部を念頭とし解決を図ろうとする政策文書が複数積み重なる中、それら諸課題に対する一定の解決策を示したものとして、Good Work Planを位置付けた。

また、Good Work Planが提案する具体的な法政策は多岐にわたるが、それを例示するに、予見可能かつ安定的な契約を要請する権利、派遣労働者へのスウェーデン型適用除外の廃止、2004年被用者への情報提供・協議規則の改正、雇用上の地位に係る立法、雇用審判所の改革といったところとなる。しかし、それらの一部は、未だ青写真の段階にある

この分野は日進月歩でどんどん動いていますので、こういうもので常に知識補給をしていく必要があります。

 

 

« ウーバーイーツ配達員の労組法上の労働者性 | トップページ | 『情報労連REPORT』3月号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウーバーイーツ配達員の労組法上の労働者性 | トップページ | 『情報労連REPORT』3月号 »