フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 守屋貴司『人材危機時代の日本の「グローバル人材」の育成とタレントマネジメント』 | トップページ | 権丈善一『ちょっと気になる社会保障 V3』 »

2020年2月26日 (水)

『Japan Labor Issues』3-4月号

Jli_20200226093401 JILPTの英文誌『Japan Labor Issues』3-4月号は論文特集号で、以下の3論文が載っています。

https://www.jil.go.jp/english/jli/documents/2020/022-00.pdf

Legal Issues Surrounding Employment-like Working Styles: Disguised Employment and Dependent Self-employment  KAMATA Koichi (Toyo University)
Wage Disparities between Standard and Non-standard Employees: From the Perspective of Human Resource Management  SHIMANUKI Tomoyuki (Hitotsubashi University)
The Latent Structure of the Japanese Labor Market and the Type of Employment: Latent Class Analysis with Finite Mixture Model  SUZUKI Kyoko (The University of Tokyo)

 

労働法の鎌田耕一、労務管理の島貫智行、労働経済の鈴木恭子と、3分野から読みでのある論文が並んでいます。

ちなみに、巻末に次号(5-6月号)の予告が載っていまして、そこにこういう判例評釈が予定されておりますので、もし万一関心のあるような奇特な人がいれば2か月後にどうぞ。

● Judgments and Orders
▷ The Worker Status of Joint Enterprise Cooperative Members :The Workers’ Collective Wadachi Higashi-murayama Case, Tokyo High Court (Jun. 4, 2019) 

 

« 守屋貴司『人材危機時代の日本の「グローバル人材」の育成とタレントマネジメント』 | トップページ | 権丈善一『ちょっと気になる社会保障 V3』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 守屋貴司『人材危機時代の日本の「グローバル人材」の育成とタレントマネジメント』 | トップページ | 権丈善一『ちょっと気になる社会保障 V3』 »