フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 萬井隆令さんの再三批判@『労働法律旬報』1月合併号 | トップページ | アセモグル&ロビンソン『自由の命運』(上・下) »

2020年2月11日 (火)

新書の読者はおじさんなんだから、男女平等の話なんて読まされたくないですよ

5e4086222400003100c1dd78 ハフポストというネットメディアで、高崎順子さんという方が西村博之さんという方にインタビューしている「ひろゆきさん、どうして「今の日本では“フェミニズム”って言葉を使わないほうがいい」のですか?」という記事があって、なんとはなしにぼんやりと読んでいたのですが、

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e3cb7f5c5b6b70886fd0627

その中で、高崎さんがこう言うことを言っていたので、思わず「へえ」とつぶやいてしまいました。

髙崎:思い出したんですが、2016年に少子化関係の新書(『フランスはどう少子化を克服したか』)を出版した後、新書編集部に男女平等の企画を提案したことがあったんですよね。
でもけんもほろろで、「新書の読者はおじさんなんだから、男女平等の話なんて読まされたくないですよ」と。なるほど〜!と。 

51h3lh2bfal_sx312_bo1204203200_ その前の年に文春新書で『働く女子の運命』を出してたんですが、結構それなりに売れているんですが。

26184472_1_20200211141601 むしろ、その前の年にちくま新書から『日本の雇用と中高年』ていう、まさに働く and/or 働かないおじさんをテーマにした本を出してんですが、こっちが実に売れ行きが悪い。

Chuko_20200211141701 そのまた前に中公新書から出した『若者と労働』は売れ行きが良かっただけに、どうも新書の読者たるおじさんは他人事を扱った本なら安心して読むけれども、自分らのことをあからさまに書かれると拒否反応を示すようですね。

まあ、私の書いた本という狭い範囲で判断する限りではありますが、「新書の読者はおじさんなんだから」といって、おじさん自身の姿を描き出してしまうと嫌がられるようです。

« 萬井隆令さんの再三批判@『労働法律旬報』1月合併号 | トップページ | アセモグル&ロビンソン『自由の命運』(上・下) »

コメント

まあ、でも、(男女のその生物学的な与件において)「メンバーシップ型雇用は、女性が活躍しづらい環境である」みたいな話って、「女性の“人格や学歴”(≒文化資本)ではなくて、主に“顔(ロリとか)や体(巨乳とか)”(≒妊娠資本)に魅力を感じている(ジャップ?)男はけしからん!」みたいなことばかり言っているフェミニズムの主流からは大きく逸脱してますけど。

フェミニストの皆さんは、恋愛において、文化資本で差別しようが、妊娠資本で差別しようが、そんなことは当人の自由である一方、職業において、当該業務と無関係な「人格や顔」で差別するべきではない、という理屈すらも理解をすることができないのでしょう。

> 妊娠・出産は社会や男が女性に強制をするものであって、そのような強制がなければ、女性は妊娠・出産をしないので(特に高学歴の)女性は(高学歴の)男と同様に、エリートとしての資格を持つ。
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-a30cbc.html

結局、「エリート的な働き方をすることを望む女性」は、こうなっちゃうしかないのかもしれませんね。
エリート的働き方は、必然的に様々な差別を伴います。年齢、学閥、人格などなど。
そこで、そうするとエリート的働き方を望むと「様々な差別を受け入れる必要」があります。その中で、しかしながら、特に女性差別は否定したいとなると、こんな訳の分からん理屈を社会に対し振り回すことになるんでしょう。

ここまでは特段、日本に限った話ではない訳ですが、一方、日本(及び、韓国?)が極めて特異なのは、普通科教育、新卒一括採用などがデフォルトであることに端的に現れているように、エリートであること(少なくとも目指すこと)がデフォルトになっていることですね。
日本は、女性に妊娠・出産を強制する社会ではなくて、(特に男性に)エリート的働き方を強制する社会であって、むしろ、そこに現れる女性差別の多くは実は男性差別の裏返しだった訳ですが、それが近年、「男性だけでなく、女性にもエリート的働き方を強制する社会に発展した」というのが実情です。
日本は男女平等を実現しつつある訳ですが、この男女平等は「より女性にとってキツイ」ので当然、男女格差の解消の役になぞ立つ訳がないのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 萬井隆令さんの再三批判@『労働法律旬報』1月合併号 | トップページ | アセモグル&ロビンソン『自由の命運』(上・下) »