フォト
2020年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 稲葉振一郎氏の労働未来論 | トップページ | 和田肇・緒方桂子編著『労働法・社会保障法の持続可能性』 »

2020年1月27日 (月)

鼎談・解雇無効時の金銭救済制度@『ジュリスト』2月号

L20200529302 『ジュリスト』2月号は、特集は知財関係ですが、巻頭に凄いメンツが載っています。

http://www.yuhikaku.co.jp/jurist/detail/020392

[HOT issue]〔No.25〕
[鼎談]解雇無効時の金銭救済制度●森戸英幸●石井妙子●水口洋介……ⅱ

表紙を開いて目次の前に、この3人の顔のカラー写真が1ページまるごとどどんと飛び出してきます。

鼎談の中でも出てきますが、石井さんと水口さんは修習同期の隣のクラスだったそうで、いまやどちらも経営法曹、労働弁護士の中核中の中核的存在です。さしもの森戸さんもおちゃらけは封印気味ですね。

具体的な論点は是非本誌を読んでいただくこととして、鼎談の最後のあたりで、水口さんがこの制度の目的を「法律的にも解雇無効の場合には金銭解決でよいのだと、雇用の規範意識を大きく変えてしまう」ことが狙いではないかと言い、石井さんが「一括採用の時に正社員になれなかったらば非正規のままだし、いったん正社員になったけれども途中で解雇なりになってしまうと正社員のコースに戻れないというのは、労働者にとって望ましいことではない」と言うなど、労働法の射程を超えた雇用システムの議論にまで及んでいるところは立ち読みでもいいので是非。

 

« 稲葉振一郎氏の労働未来論 | トップページ | 和田肇・緒方桂子編著『労働法・社会保障法の持続可能性』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 稲葉振一郎氏の労働未来論 | トップページ | 和田肇・緒方桂子編著『労働法・社会保障法の持続可能性』 »