フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 国際ブータン労組が労組労供事業へ | トップページ | 『日本労働研究雑誌』2020年1月号 »

2019年12月25日 (水)

『ビジネス・レーバー・トレンド』2020年1・2月号

202001_02 『ビジネス・レーバー・トレンド』2020年1・2月号の特集は、今年9月の労働政策フォーラム「労働時間・働き方の日独比較」です。

https://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2020/01_02/index.html

労働政策フォーラム 労働時間・働き方の日独比較
【問題提起】誤解の多い働き方改革――残業依存体質の解消が鍵
佐藤 博樹 中央大学大学院戦略経営研究科 教授
【特別報告】ドイツにおける労働&福祉政策実施の現状――「良き労働」プログラムとその実現
Franz Josef Duwell コンスタンツ大学 名誉教授
【研究報告】「働きすぎ」に関わる今日的課題――残業削減とともに考えるべきこと
高見 具広 JILPT副主任研究員
【パネル討論】日独の働き方の比較
パネリスト藤曲 亜樹子 日本ユニシス株式会社 組織開発部 部長 佐藤 雅訓 カゴメ株式会社 人事部長 須田 修弘 BASFジャパン株式会社 代表取締役副社長コーディネーター佐藤 博樹 中央大学大学院戦略経営研究科 教授
【総括討論】
パネリストFranz Josef Duwell コンスタンツ大学 名誉教授
Martin Pohl 駐日ドイツ連邦共和国大使館 厚生労働参事官
濱口 桂一郎 JILPT 研究所長
高見 具広 JILPT 副主任研究員
コーディネーター佐藤 博樹 中央大学大学院戦略経営研究科 教授 

というわけで、私は最後の総括討論で一回だけ喋っております。

ほかに、ちょっと興味深い記事としては、

<連載> 働く人のモチベーション向上につながる職場環境改善の取り組み(第2回) 調査部
健康社内通貨「ARUCO」で楽しく前向きに「真の健康」を目指す  ロート製薬株式会社

というのがあります。健康社内通貨ってのは、たとえば1日8,000歩と早歩き20分を達成すると10コインが貯まり、それを同社が運営するレストランの健康食(1食1000コイン)で使用できるとかです。

 

 

« 国際ブータン労組が労組労供事業へ | トップページ | 『日本労働研究雑誌』2020年1月号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国際ブータン労組が労組労供事業へ | トップページ | 『日本労働研究雑誌』2020年1月号 »