フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 麻野進『イマドキ部下のトリセツ』 | トップページ | 国際ブータン労組が労組労供事業へ »

2019年12月25日 (水)

公立学校教師の労働時間法制@WEB労政時報

WEB労政時報に「公立学校教師の労働時間法制」を寄稿しました。

https://www.rosei.jp/readers/login.php

 去る12月4日、公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法(=給特法)の一部を改正する法律案が成立し、同月11日に公布されました。本法改正については、マスコミ等でもホットな議論が展開されましたが、結局国会での修正もなく、原案通りに可決されました。しかし、そもそもこの給特法にはいろいろと曰(いわ)く因縁があります。今回は、公立学校教師の労働時間法制をめぐる法政策の歴史を概観しておきましょう。
 医師と並んで、その長時間労働が問題となってきたのが学校教師です。もっとも、「教師」という職種のみに着目した労働時間の特例は存在しません。制度上特別扱いがあるのは公務員たる教師のみで、現在は公立学校教員のみです。一貫して民間労働者であった私立学校教員はもとより、・・・・・ 

« 麻野進『イマドキ部下のトリセツ』 | トップページ | 国際ブータン労組が労組労供事業へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 麻野進『イマドキ部下のトリセツ』 | トップページ | 国際ブータン労組が労組労供事業へ »