フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 菊池桃子さんについてのエントリ | トップページ | 『社会のためのデモクラシー』 »

2019年11月 5日 (火)

ラッサールの呪縛@佐藤優

1910290555_1714x476 デイリー新潮で、連合の神津会長と佐藤優さんの対談が載っています。

https://www.dailyshincho.jp/article/2019/10290555/?all=1

冒頭のあたりも、社会主義協会の先輩の峰崎直樹さんと意気投合したとか、神津さんの教養学科アジア科時代の卒論が宮崎滔天だったとか、関係者には面白いややトリビアな話が詰まっていますが、その辺はリンク先をそれぞれにじっくり読んでいただくこととして、今日的関心からするとやはり最後のあたりの消費税をめぐる論議が重要です。

佐藤 それでは、連合は消費増税なのか国債の発行なのか、どちらなんでしょう?

神津 私は国債だけを選択肢にすることはできないと思っています。これだけの借金の積み上がりを見ると、返済不能ということも大いにありうる。財政破綻で真っ先に悪影響を被るのは、私たち労働者であり、制度なら社会保障と教育です。労働組合の立場からすると、破綻の可能性を織り込んだ選択は取るべきじゃない。

佐藤 よくわかります。

神津 かたや消費税ですが、政策要請で「消費増税は予定通りやってください。ただし軽減税率はダメです」と要請しました。ところが消費増税賛成とだけ世の中にメッセージが伝わってしまい、連合に批判が寄せられました。消費税でなくてもいいんです。負担の構造がきちんと担保されるのなら別の税目で構わない。ブログなどでもそう発信したんですが、所得税の累進性はこれでいいのか、法人税も国際競争のために低くしているがこれが妥当なのか、あるいは金融取引の税でもこの税率でいいのか、などいろいろな議論が必要です。

佐藤 今は税率を低くして金融取引を奨励し、それでGDPをかさ上げしようとしていますからね。

神津 社会保障や教育を、どう財政的に担保していくのか。そのトータルの姿が与党も野党も描けていない。

佐藤 理念としては、高福祉高負担か、低福祉低負担の二つがある。でも中途半端にやっていると中負担低福祉みたいなことになってしまう。

神津 それが実際の姿じゃないですか。

佐藤 行政への不信がある限りは、将来への不安から、手元に少しでも可処分所得を残しておきたいというのが国民心理ですからね。増税反対は致し方ないところがある。

神津 それで悪循環に陥るんです

ここまでは、しかし、よく言われていることです。この後に、佐藤優さんが持ち出しているこれが、とかく古典的な左翼の人々が陥りがちな傾向をよく示しています。

 佐藤 消費税については、すぐ機械的に、高所得者より低所得者の税負担率が大きくなり、逆進性が強いと言う人がいますね。その起源は19世紀にプロイセンの社会主義者ラッサールが書いた『間接税と労働者階級』だと思うんです。でもあの時代の間接税は、再分配が想定されていない。集めたお金は軍事や治安に使う時代でした。だから当時の感覚で消費税を考えてはダメで、増税分が所得の低い層にどう再分配されるかを見ないといけない

Lassalle なるほど、古典的な左翼の人々がやたらに消費税を目の敵にしたがる根源には、ラッサールがあったとは!

 

 

 

 

 

« 菊池桃子さんについてのエントリ | トップページ | 『社会のためのデモクラシー』 »

コメント

ブログ主ではない人の意見にコメントするのは良くない事かもしれませんが、


>政策要請で「消費増税は予定通りやってください。ただし軽減税率はダメです」と要請しました。ところが消費増税賛成とだけ世の中にメッセージが伝わってしまい、連合に批判が寄せられました。

要請した事が、「(軽減税率のない)消費増税を予定通りやってください。」 という事だけであれば、消費増税賛成と世の中にメッセージが伝わるのは当然だと思います。


>消費税でなくてもいいんです。負担の構造がきちんと担保されるのなら別の税目で構わない。

そう考えているのであれば、政策要請で要請すべき事は「消費増税を予定通りやってください。」ではなく、「負担の構造がきちんと担保される税目を増税してください。」だと思います。


>財政破綻で真っ先に悪影響を被るのは、私たち労働者であり、制度なら社会保障と教育です。

財政破綻になれば悪影響を被る人は多いと思いますが、財政破綻を防ぐ政策で悪影響を被る人も多いと思います。
イギリスでは、リーマンショック後に税収が減ったので(国債増発による)財政破綻を防ぐために消費税を増税し福祉を含む支出を削減しました。このためイギリスの労働者階級は生活が苦しくなりました。労働者階級には、”緊縮財政を推進した人がBrexitに反対している” という理由でBrexitに賛成した人もいたそうです。


>あの時代の間接税は、再分配が想定されていない。集めたお金は軍事や治安に使う時代でした。

今の時代の間接税は、集めたお金の一部は軍事や治安に使われなくても、(再分配と関係の薄い)国の借金返済に使われます。


>だから当時の感覚で消費税を考えてはダメで、増税分が所得の低い層にどう再分配されるかを見ないといけない。

その通りだと思います。
しかし今回の増税は、財政再建と再分配の二兎を追っています。増税分のうち、(再分配と関係の薄い)財政再建に使われる分が多くなると、所得の低い層に再分配される分が減る(負担する増税分を取り戻せない)可能性もあります。
本来は、まず増税分が所得の低い層にどう再分配されるが提示され、それに基づいて増税の可否が判断されるべきだと思います。
お二人は、そのような事を考慮したうえで
  今回の消費税増税では、所得の低い層は負担する増税分より再分配される分が多いので
  消費税は増税すべきだ
と考えておられるのでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 菊池桃子さんについてのエントリ | トップページ | 『社会のためのデモクラシー』 »