フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 『令和元年版労働経済の分析』 | トップページ | 労働政策にとって労働生産性とは何か?@『労働調査』2019年9月号 »

2019年9月27日 (金)

なぜ急進右翼はもはや高齢男性だけではないのか?

Carolinelancaster250x250 ソーシャル・ヨーロッパから「Why the radical right is no longer the exclusive domain of older, male voters」(なぜ急進右翼はもはや高齢男性だけではないのか?)と言ういささか刺激的なタイトルのエッセイを。筆者はキャロライン・マリー・ランカスターさん。

https://www.socialeurope.eu/why-the-radical-right-is-no-longer-the-exclusive-domain-of-older-male-voters

Today’s European radical right is rife with contradiction. Once the electoral home of working-class men, disillusioned with the decline of industry and the rapid entry of women into the labour force, the radical right of the mid-2010s has rebranded in the face of a new enemy—Muslim immigration. ・・・・

・・・・No longer can we dismiss the radical right as the party family of angry old men, reacting against a changing society. Now, women and gay men are likely to be found within their ranks, alongside voters who, if not for their immigration attitudes, might be confused for leftists. With support for populists at an all-time high, it is crucial that we understand who exactly these parties attract, and why, if we are to combat their radicalism.

今日の欧州の急進右翼は矛盾に満ちている。かつてその支持基盤は産業の衰退と女性の労働力への急速な進出に幻滅した労働者階級の男性であったが、2010年代半ばの急進右翼は新たな敵-ムスリム移民の面前でブランドを一新している。・・・

もはや我々は急進右翼を変化する社会に反発する怒れる高齢男性の政党類だと切り捨てることはできない。今や女性やゲイ男性が彼らの中に見いだされ、その移民への態度以外では左翼と見間違えるほどである。常に高いポピュリストへの支持とともに、彼らの急進主義と闘うならば、我々はこれら政党がだれを惹き付け、なぜそうなのかを理解することが重要である。

 

 

« 『令和元年版労働経済の分析』 | トップページ | 労働政策にとって労働生産性とは何か?@『労働調査』2019年9月号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『令和元年版労働経済の分析』 | トップページ | 労働政策にとって労働生産性とは何か?@『労働調査』2019年9月号 »