フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 教育再生実行会議の高校改革提言@WEB労政時報 | トップページ | 『福祉社会へのアプローチ 久塚純一先生古稀祝賀』(上)(下) »

2019年6月12日 (水)

労働立法政策史における「連続」と「断絶」 by 石田眞@『労働法律旬報』6月上旬号

457079 『労働法律旬報』6月上旬号は、例のベルコ事件が特集ですが、巻頭言に、 石田眞さんが「労働立法政策史における「連続」と「断絶」―労働法研究における「歴史」の面白さ」を書かれています。

http://www.junposha.com/book/b457079.html

昨年末は、石田さん編著の『戦後労働立法史』、石井保雄さんの『わが国労働法学の史的展開』、わたくしの『日本の労働法政策』と、歴史物の大冊が並びましたが、このコラムは、石田編著と拙著の論点として戦前、戦中、戦後の「連続説」「断絶説」を取り出し、読者の興味をそそったところで、今年10月に立命館大学で開催される日本労働法学会におけるワークショップに勧誘しています。

というわけで、皆様是非このワークショップに参加して、議論をぶつけていただければと存じます。

ついでに、本号特集のベルコ事件については、『Japan Labor Issues』5月号に英文で短い評釈を書いておりますので、ご参考までに。

https://www.jil.go.jp/english/jli/documents/2019/014-03.pdf

 

 

 

 

« 教育再生実行会議の高校改革提言@WEB労政時報 | トップページ | 『福祉社会へのアプローチ 久塚純一先生古稀祝賀』(上)(下) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 教育再生実行会議の高校改革提言@WEB労政時報 | トップページ | 『福祉社会へのアプローチ 久塚純一先生古稀祝賀』(上)(下) »