« 地方公務員と労働基準法@『労基旬報』3月25日号 | トップページ | 佐藤厚「スキル形成の独英米日比較」@『生涯学習とキャリアデザイン』Vol.16-1 »

学校事務のおばちゃんと労働基準法

昨日のエントリ(地方公務員と労働基準法(『労基旬報』2019年3月25日号))に、焦げすーもさんからツイッターでコメントが:
地方公務員と労働基準法@『労基旬報』3月25日号
→学校事務のおばちゃんであるオカンから、36協定の適用について質問を何度も受けているが、明確に答えづらいのよね。。
なかなかニッチなところを狙ってきますな。
えーと、学校事務のおばちゃんというのは、事業で言うと第12号「教育、研究又は調査の事業」なので、官公署とともに労働基準監督官が臨検監督できない領域です。
ところが、教員ではないので、給特法の適用は受けません。なので、
①第36条はフルに適用される。ゆえに36協定を締結しなければ残業させられない
②第33条第3項は適用されない。ゆえに以下同文。
③第37条はフルに適用される。ゆえに残業させたら残業代を払わなければならない
ということになります。
そう、労働時間法制自体は他の労働者(官公署及び教員以外の地方公務員)と基本的に同じなのですが、ただ一つ違っているのは、これらの違反を摘発すべきは人事委員会または地方公共団体の長であるという点だけなのです。

|

« 地方公務員と労働基準法@『労基旬報』3月25日号 | トップページ | 佐藤厚「スキル形成の独英米日比較」@『生涯学習とキャリアデザイン』Vol.16-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地方公務員と労働基準法@『労基旬報』3月25日号 | トップページ | 佐藤厚「スキル形成の独英米日比較」@『生涯学習とキャリアデザイン』Vol.16-1 »