« 新産別とは何だったのか? | トップページ | 高校普通科を抜本改革 »

ギルド!?

こういう記事を見て、

https://note.mu/sato_nezi/n/n7ffe7a4346c1 (【ご報告】ブルーパドルの社員を全員フリーランスにして、ギルド化します!)

https://note.mu/sato_nezi/n/n905cedfd535b ( 【補足記事】ギルドと労基法〜ギルドは毒にも薬にもなる〜)

この会社が何をしようとしているのかが、この二つの記事を読めば読むほど実はよくわからなくなります。

ギルドにすることで、メンバーのフィーは給与でなく、稼働分に応じて支払われるので今までの仕事量で考えると、メンバーのフィーはけっこう増えます。そして、頂く仕事への感謝の気持ちがめちゃくちゃ上がるので、社員のときよりモチベーションも断然変わります。仕事がなければ、一緒に探せます。「退職」という概念もなくなるので、どこかに移住したいと思えば、すぐできます。1年全く仕事をしなくたって、仲間でありたいと思えるなら仲間でいられます。このようにギルドにして、よりwinwinの関係になる方が、長く付き合えるなと思いました

いや別に労働者であっても固定給ではなく稼働分に応じて支払うのは普通ですし、むしろ成果に応じて支払うことも結構多いでしょう。第2の文章では、

Picture_pc_862d0f1b6d46bbc1ab1eaf4a

という表にしていますが、それは雇用契約でも十分可能のはず。

小さな制作会社の場合、メンバーにマルチタスクが求められます。結果、そんなに得意ではない仕事も、その人をアサインしてやらねばなりません。でもギルドにすれば、合わない仕事は、別の外部メンバーを堂々とアサインできます。結果的に、プロジェクトに合わせて適材適所なメンバーでやれることで、winwinになれます。。

いやそもそも本来ジョブを前提とする雇用契約の本旨からしてマルチタスクが義務というわけはないので(そもそも雇用労働者は法律上「メンバー」じゃないし)、むしろギルド制のほうが本来的メンバーシップじゃないかと思われるのですが、実際のギルドとは関係なく、日本型メンバーシップ雇用の反対物をギルドと呼んでいるだけなんでしょうか。

ちなみに、第2の文章にはこんな表があるのですが、

Picture_pc_f18d26da175d8e5294fe6fcc

さすがに、雇用労働者でも副業OKだとちゃんと書いていますが、そうするとギルド化によって何がどう変わるのかさっぱりわかりませんね。「もちろん」という副詞は、「いうまでもなく」「明らかに」という意味であって、その度合いをびた一文高めない言葉であるわけですから。逆に、ジョブのみによってつながる雇用労働者と違い、(言葉の正確な意味での)ギルドなんかになった日には、よその仕事を勝手にやるのはそもそも裏切り行為になる可能性が高くなると思いますが。

ついでにこんな表もあるんですが、

Picture_pc_946768418e842bdbd8636b09

わはは、何も変わらんと。

つうか、ここもそうですが、何か雇用労働者であれば時間・空間が拘束されていなければならないという強い思い込みが強固にあって、何かというと裁量労働制や高度プロフェッショナルを原理的に批判する人々もそうですし、事実上指揮命令下で働いている人を捕まえて時間空間的拘束が少ないから労働者ではないなんて言う判決を下してしまう裁判官もいたりするわけです。

さすがにそういうおかしな議論をしていないのはいいのですが、そうすると、雇用労働とギルド化で何も変わりませんねん、と。

これ、結局働き方自体は今までの柔軟な雇用労働とほとんど変わらないわけで、そのいうところの「ギルド」にすることで何がどう変わるのかというと、おそらく給与のところに小さい字で書いてある、

+社保の支払い

ここに集約されるような気がしますね。社会保険料なんて払うのはもったいないから、労働者ではなくてギルドってことにしよう、と。

|

« 新産別とは何だったのか? | トップページ | 高校普通科を抜本改革 »

コメント

本当に乱暴に纏めてしまえば、正規、非正規、大中小企業、内外国人の格差とは、社会保障、年金、そして退職金の違いが本質的だと思います。退職金は給与に含めるべきか企業による労働者に対する退職後の生活保障なのかは、恐らく神学論争になるのでしょうが、現にある現役勤労者の予測され得る社会保障、年金格差と、許容出来る格差の程度については、もっともっと議論して欲しいなぁと思います。特に格差の縮小を唱えて春闘を頑張られている連合におかれましては、給与に並ぶ(そして恐らく実質的にはそれ以上に生活に影響を与える)格差の原因であると認識、対応して欲しいと思います。
賃上げが柱であるということは、ある意味ではあまり総評時代と変わりがないということでもありますし。。
もちろん賃上げ必要大大大賛成ではありますが。

投稿: 高橋良平 | 2019年1月 5日 (土) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギルド!?:

« 新産別とは何だったのか? | トップページ | 高校普通科を抜本改革 »