« 『日本労働研究雑誌』2019年特別号 | トップページ | スチュワーデスといえば、アテンションプリーズ »

『Japan Labor Issues』January-February 2019

JliJILPTの英文誌『Japan Labor Issues』の1・2月号は論文特集です。が、その前に稲上毅さんによるロナルド・ドーア先生への追悼文が載っています。

https://www.jil.go.jp/english/jli/documents/2019/012-00.pdf

そのうち、もっとも重要な著作である『イギリスの工場、日本の工場』について触れたパラグラフを引いておきます。

Dore maintained this basic stance throughout his subsequent works. In that sense, it is particularly important to look at one of his major works, British Factory - Japanese Factory (1973). After explaining causally the contrasting phenomena of the ‘British Disease’ and ‘Japanese prosperity’ by investigating the employment practices and industrial relations of both countries, he reached a bold and noteworthy conclusion; that is, that the ‘backward’ UK should catch up with the ‘advanced’ Japan.
We need to carefully ascertain to what extent Dore’s interpretative schema of Japanese economic development and modernization can help us to understand the individual process of development followed by South Korea, Taiwan, China and the Southeast Asian nations and to gain foresight into the way ahead for other impoverished societies.

先進的だったイギリスから後進的だった日本を見てその先進性を「発見」した半世紀前のドーアの姿に今重なるのは、先進的だった日本から後進的だったアジア諸国を見てその先進性に改めて驚いている現在の我々なのかも知れません。

EULOGY
The Sense of Humor to See Through Human Hypocrisy: To the Memory of the Late Professor Ronald Dore  Takeshi Inagami

ARTICLES
The Corporate Community and Changes in the Japanese-style Employment System  Mitsuru Yamashita
Can "Owners" of Convenience Stores be "Workers" under the Japanese Labor Union Act? Yoko Hashimoto
Who Holds Multiple Jobs? Empirical Analysis of Multiple Job Holding Using a Japanese Online Survey Atsushi Kawakami

|
|

« 『日本労働研究雑誌』2019年特別号 | トップページ | スチュワーデスといえば、アテンションプリーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/75024414

この記事へのトラックバック一覧です: 『Japan Labor Issues』January-February 2019:

« 『日本労働研究雑誌』2019年特別号 | トップページ | スチュワーデスといえば、アテンションプリーズ »