« 労働政策フォーラム「高齢者の多様な就労のあり方」 | トップページ | 中国にとってのマルクス主義-必修だけど禁制 »

森川正之『生産性 誤解と真実』

9784532358037 森川正之『生産性 誤解と真実』(日本経済新聞出版社)をお送りいただきました。ありがとうございます。森川さんは経産官僚から経済産業研究所に移り、サービス産業や生産性について多くの著書を出しています。

https://www.nikkeibook.com/item-detail/35803

■安倍政権の政策の目玉になった「生産性革命」。生産性は「働き方改革」の焦点でもある。それだけに生産性については、世の中の関心は高まる一方だ。だが、実は生産性についての巷間の論議には多くの誤解があり、俗説もまかり通っている。
たとえば、「企業収益が高まれば生産性が上がる」「生産性向上には価格引き上げが必要」「高いサービスに見合った価格付けがされていないのが低生産性の原因」「設備投資を促進すれば生産性は上がる」「日本の生産性は欧米と比べて低い」等々。
しかも企業経営者や政策担当者も俗説を受け入れているのが実態だ。安倍政権の教育費用無償化も「生産性革命」論の一環だが、その費用対効果は明確でない。これでは、本当に効果のある政策が実行されるのか怪しい。

■本書は、日本経済、サービス産業の生産性分析で定評のある著者が、生産性に関する正しい理解を解説するともに、生産性を上昇させるために真に有効な処方箋を考察する経済書。
生産性についての正しい理解を解説するとともに、「イノベーション」「教育・人的投資」「働き方改革」「企業経営」「規制改革」「グローバル化」「都市・地域経済」「財政・社会保障政策」「エビデンスにもとづく政策」といった政策と生産性がかかわる論点を整理し、有効な処方箋の考え方を提示する。全体として、1)経済・社会全体の仕組みの見直し、2)生産性向上策と同時に、生産性を抑制する政策の改善、3)相反する効果や副作用をもつ政策の組み合わせの工夫、4)政策の予測可能性を高めること――の重要性を明らかにする。

目次は次の通りで、

第1章 生産性をめぐる誤解
第2章 イノベーションと生産性―第四次産業革命の光と影
第3章 重要性を増す人的資本投資―教育訓練と生産性
第4章 働き方と生産性
第5章 変化する日本的経営と生産性
第6章 競争・規制改革と生産性―新陳代謝の円滑化
第7章 グローバル化と生産性―不確実性が高まる世界貿易体制
第8章 生産性の地域間格差と人口移動
第9章 生産性とマクロ経済政策―深刻化する財政リスク
第10章 生産性の重要性と限界―エビデンスに基づく政策選択

大変広範な領域を論じている本で、特に第2章や第3章、第4章、第5章といったところは最近の私の関心事項とも重なるところが大きいのですが、ここではやはり、森川さんが「誤解」だと一刀両断している議論が本当に「誤解」なのかが今一つ納得できない面があるので、第1章の議論を取り上げます。

森川さんが「誤解」「俗説」と呼ぶものもいろいろあるのですが、とりわけ重要なのはやはり、

・・・この議論の延長として、特にサービス産業の生産性に関して、「日本のサービスは質が高いのだが、消費者にはサービスがタダだという意識があるため、質の高さに見合った価格をつけることが出来ず、生産性が低く抑えらている」という議論も頻繁に耳にする。

・・・総じていえば、質の高いサービスにはそれに見合った高い価格が、質の低いサービスにはそれに相応した価格付けが行われている考えるのが自然である。

いや、それが理屈として「自然」であるのはそう思いますが、現実がそうなっているかどうかが問題です。

というわけで、森川さんはいくつもの実証データを繰り出すのですが・・・、

一つ目は、同種サービスについてこれだけ業態別の価格差があるというデータ。いやこれは、日本の中でこれだけ差があるという話で、それが全体として諸外国と比べてどうかという話ではないですよね。

次は、付加的サービスに対してこれだけ消費者が支払う気持ちがあるという意識調査。いやそれは、基本サービスにわざわざ付加することに対する意見であって、基本サービスをどう評価しているかとは別ですよね。

さらに質の低いサービスを受け入れる可能性が人によってさまざまだから、少数の顧客に質の高いサービスを高価格で提供する経営戦略もありうるというのも、まさに一部高級店はそういう戦略をやっているわけで、問題はそこじゃなくて、その質の低いサービスの質の低さが、他の諸国の消費者と比べてどのくらいの閾値なのかが問題なのでしょう。

そして、何よりもその後に出てくる生産性の国際比較のところで、本ブログでも何回も取り上げたこの話を持ち出してくるのを読むと、いやそのデータは、むしろ逆の論証になっているんじゃないかと言いたくなります。

・・・この点に関し、筆者も参加して日本生産性本部が20種類のサービスを対象に実施した「同一サービス分野における品質水準の違いに関する日米比較調査」によれば、個々のサービスによって違いはあるが、全サービスの平均で、米国よりも日本のサービスの方が5~10%程度質が高いという結果だった。・・・

これらは、日本のサービス産業の生産性水準が米国に比べて低いという関係を逆転させるほどのマグニチュードではないが、単純な生産性比較は日本の生産性水準を過小評価することを示している。

いやいや、全くその通りなんですよ。サービスの質の高さをサービスの物的生産性と呼ぶのなら、日本のそれは欧米のそれよりも結構高い。それは、まさに欧米社会であるベルギーに3年間住んで暮らした私の実感でもあります。

にもかかわらず、サービスの価格は、言い換えればサービスの付加価値生産性は、森川さんの言う通り「過小評価」されているのです。これまた、ベルギーに3年間住んで暮らした私が毎日実感していたことです。

そして、まさにその点をとらえて、それこそ私も含めて欧米社会に住んで暮らした人々の実感的言説として、森川さんが「誤解」「俗説」と批判する「日本のサービスは質が高いのだが、消費者にはサービスがタダだという意識があるため、質の高さに見合った価格をつけることが出来ず、生産性が低く抑えらている」という議論が出てくるんだと思うのですね。

正直言って、ここでの森川さんの議論は、自分が「誤解」「俗説」と批判した当の議論をむしろ立証しようとしているようにすら見えます。

|
|

« 労働政策フォーラム「高齢者の多様な就労のあり方」 | トップページ | 中国にとってのマルクス主義-必修だけど禁制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/74698536

この記事へのトラックバック一覧です: 森川正之『生産性 誤解と真実』:

« 労働政策フォーラム「高齢者の多様な就労のあり方」 | トップページ | 中国にとってのマルクス主義-必修だけど禁制 »