フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 石井知章編著『日中の非正規労働をめぐる現在』 | トップページ | 倉重×荻野対談 »

2018年12月29日 (土)

『日本の労働法政策』は絶対にAmazonで買わないで!

Japanjpg_3 『日本の労働法政策』が刊行からほぼ2か月になり、買われた方々はほぼ例外なくそのやたらな分厚さにあきれておられるようです。

それはともかく、Amazonを覗いてみたら、とんでもない値段がついていました。

https://www.amazon.co.jp/日本の労働法政策-労働政策研究研修機構/dp/4538411647/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1546070268&sr=1-2

単行本
¥ 6,705 より

¥ 6,705 より 3 中古品の出品
¥ 6,790 より 1 新品

をい、ちょっと待て。中古品の¥6,705もひどいが、なんで新品が¥6,790もするんだよ。

いうまでもなく、この目次を含めれば1100ページを超えるやたら分厚い本は、しかしながら定価: 3,889円+税であり、税込みで4,200円なんですから、こんな中間搾取は信じられませんね。

新品未読品です。希少品等の理由につき、定価以上での販売価格とさせて頂いております。

などと言っていますが、嘘です。希少品でも何でもありません。他のインターネット書店では(e-honでも、Honyaでも、 楽天でも、セブンネットでも)みんな当たり前に定価販売していますし、JILPTには在庫が積まれています。足りなくなれば増刷します(したい)。

どういう仕掛けでこういう得体のしれない事態になっているのかよくわかりませんが、なんにせよこの本は、絶対にAmazonでは買わないようにしてください。

« 石井知章編著『日中の非正規労働をめぐる現在』 | トップページ | 倉重×荻野対談 »

日本の労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『日本の労働法政策』は絶対にAmazonで買わないで!:

» アベ財政の参与が辞任し消費増税に大反対 AIは? [シジフォス]
年に一度の床ワックスがけで身体が悲鳴をあげている。正月なんか嫌いだが、熊谷徹さんのTwitterで<ドイツの大半のサラリーマンや公務員は、12月22日から1月6日まで連休にしている。これでも経済や会社が回るのであれば、休むに越したことはない。それを「文化の違い」と片付けるのは、想像力の貧困>と書いてあるように、時間の使い方とか生き方自体も貧しいのだろう。そして、その生き方もどんどん機械に支配されつつある。投機家などの株売買も多くがAIの指示によるそうで、それに対抗し介入している日銀や為政者...... [続きを読む]

« 石井知章編著『日中の非正規労働をめぐる現在』 | トップページ | 倉重×荻野対談 »