フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ディスカッションペーパー「日米における自営業主数の計測」 | トップページ | hamachanブログ2018年ランキング発表 »

2018年12月22日 (土)

『ビジネス・ロー・ジャーナル』2月号で本を紹介

201902_no131 『ビジネス・ロー・ジャーナル』2月号の恒例の「法務のためのブックガイド」特集ですが、今年(というかまだ来年ですが)の推薦者には私も参加しております。

http://www.businesslaw.jp/contents/201902.html

[特集]法務のためのブックガイド2019
毎年恒例のブックガイド特集。
数多く刊行された本の中から、弁護士・法務担当者・研究者は、どのような本を選び、どのように読んだのでしょうか。そして、書店ではどのような本が売れたのでしょうか。
読むべき本、部署で買うべき本を探すうえで参考となる情報をお届けします。

[2018総括]法務担当者5人による 購入書籍分野別批評会
弁護士・法務担当者・研究者が薦める理由
01 ガバナンス改革実践のキーポイント 柴田堅太郎 弁護士
02 現在・未来の法務部長に贈る4冊
   乾山啓明 日本エア・リキード 常務執行役員・ジェネラルカウンセル・法務本部長
03 AI技術の社会実装に向けて法的課題を考える出発点 齊藤友紀 メルカリ 社長室 弁護士
04 テクノロジーに関するリテラシーを高める 長谷川雅典 電通 法務マネジメント局 法務部長
05 国際案件への対応力向上を目指して 笠羽英彦 アルプス電気 法務部 法務2グループ グループマネジャー
06 販売・マーケティング・中国ビジネスの各場面で役立つ書籍
   趙 詣 花王 法務・コンプライアンス部門 法務部
07 忙しい人のための「頁数の少ない本」「読みやすい本」 人事労務関連の本を中心に
   荻野聡之 弁護士
08 変わりゆく雇用と仕事の未来図 濱口桂一郎 独立行政法人労働政策研究・研修機構 労働政策研究所長
09 “正統”のみならず“異端”も含めた幅広い考え方を知る 松尾直彦 東京大学客員教授・弁護士
10 人間と選択と幸福 大屋雄裕 慶應義塾大学法学部教授
11 企業法務系ブロガーによる辛口法律書レビュー 企業法務系ブロガー
管理職が読んだ本 [part 1][part 2]
書店における 直近1年間の売れ筋
読者が薦める 定番書20冊
紹介書籍 INDEX

わたくしが選んだ本はこんなラインナップです。

1 倉重公太朗編集代表『HRテクノロジーで人事が変わる』労務行政
2 海老原嗣生『「AIで仕事がなくなる」論のウソ』イースト・プレス
3 海老原嗣生・荻野進介『人事の成り立ち』白桃書房
4 大内伸哉・川口大司編著『解雇規制を問い直す』有斐閣

4冊中、海老原さんの本が2冊もはいっているのに疑問を持たれる向きもあるかもしれませんが、いやどちらも捨てがたいので。

« ディスカッションペーパー「日米における自営業主数の計測」 | トップページ | hamachanブログ2018年ランキング発表 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ビジネス・ロー・ジャーナル』2月号で本を紹介:

« ディスカッションペーパー「日米における自営業主数の計測」 | トップページ | hamachanブログ2018年ランキング発表 »