« 拙著書評いくつか | トップページ | 日独労働シンポジウムのお知らせ »

2018年11月 4日 (日)

日本型雇用システムの根本問題@『生活協同組合研究』2018年11月号

Kenkyu_181029_01_01 『生活協同組合研究』2018年11月号に「日本型雇用システムの根本問題」を寄稿しました。

http://ccij.jp/book/kenkyu_20181029_01.html

「日本型雇用システムの現状と課題」という特集の巻頭論文です。

特集 日本型雇用システムの現状と課題

日本型雇用システムの根本問題(濱口桂一郎)

同一労働・同一賃金にどう取り組むか(山田 久)

「超短時間雇用」という新しい働き方の現状(近藤武夫)

パートタイマーの賃金を考える─雇用管理区分間の処遇格差をめぐる現状と対応施策─(金井 郁)

女性の就労と日本的人事管理─ダイバーシティ経営の実現に向けた今後の対応─(松原光代)

小売業労働組合における働き方改革の原型─1970年代の腱鞘炎対策を素材にして─(本田一成)

コラム 生協職員の意識実態と人材育成(村田二三男)

特集の意図については、編集者の中村由香さんが詳しく書かれているので、紹介しておきます。

 2018年6月29日、働き方改革関連法案が参院本会議で可決された。この法律は、2019年4月1日から順次施行されることになっている。残業時間の上限規制や有給休暇取得の義務化、女性の活躍推進や同一労働同一賃金など、その内容は多岐にわたっている。一見したところ、労働者にとってより良い働き方へと結びつきそうにも思えるが、法案にもりこまれた「高度プロフェッショナル制度」は、過労死を助長することが懸念されており、残された課題は大きい。

 この法律を受けて、従来の雇用慣行をどのように変えていくのか、現場レベルでは模索が続きそうだ。このような背景から、本号では「日本型雇用システムの現状と課題」と題した特集を組み、現在の雇用システムの何が問題で、いかなる改革が必要なのかについて整理しようと考えた。

 本特集の論者と内容は以下の通りである。冒頭の濱口桂一郎氏には、日本型雇用システムにひそむ根本的な問題とは何かを総括いただいた。続いて山田久氏には、欧米の賃金制度と比較して、日本政府が提案する同一労働同一賃金制度にどのような特徴と課題があるのかを整理いただいた。近藤武夫氏には、障害のある人々が働きやすい雇用のあり方について論じていただいた。また金井郁氏には、正規・非正規間の処遇格差と対応策について、松原光代氏には、女性活躍推進を実現するために必要な雇用形態の改革案を、それぞれ提起いただいた。本田一成氏には、小売業の労働組合の歩みから、現在の働き方改革に欠けている視点とは何かを示していただいた。最後に、村田二三男氏には、生協職員の労働環境や就労満足度について他流通・小売業との比較の結果をまとめていただいた。

 女性の労働力率は年々高まりつつあるが、出産退職するものは依然として多い。働きたいと希望しながらも働いていない女性のうち2割が、「出産・育児のため」を理由に挙げている。1ヵ月の残業時間が「過労死ライン」である80時間を超える正社員のいる企業が全体の2割以上であることを考えると、家庭と仕事の両立どころか生存自体が脅かされてしまう。長時間労働をする男性正社員を標準モデルとした、従来の雇用慣行を変えなければならないのは必至である。本誌が、これまでの働き方を見直し、より公正でより快適な働き方への変革につながれば幸いである。

|
|

« 拙著書評いくつか | トップページ | 日独労働シンポジウムのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/74529423

この記事へのトラックバック一覧です: 日本型雇用システムの根本問題@『生活協同組合研究』2018年11月号 :

« 拙著書評いくつか | トップページ | 日独労働シンポジウムのお知らせ »