« 在留資格は特定技能 | トップページ | 『日本の労働法政策』の案内 »

2018年10月12日 (金)

雇用類似の働き方に係る論点整理等に関する検討会

来週金曜日(10月19日)に「雇用類似の働き方に係る論点整理等に関する検討会」が開催されるようです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_01810.html

https://www.mhlw.go.jp/content/11911500/000364604.pdf

今年3月に報告書をまとめた雇用類似検討会の後継というだけではなく、規制改革会議で検討が求められた放送制作現場の働き方についても議論されるようです。

委員は格段に増えていますね。

芦野 訓和 東洋大学法学部教授
阿部 正浩 中央大学経済学部教授
荒木 尚志 東京大学院法学政治学研究科 教授
安藤 至大 日本大学経済学部教授
小畑 史子 京都大学大学院人間・環境学研究科教授
鹿野 菜穂子 慶應義塾大学大学院法務研究科教授
鎌田 耕一 東洋大学名誉教授
川田 琢之 筑波大学ビジネスサイエンス系教授
桑村 裕美子 東北大学大学院 法学研究科准教授
鈴木 俊晴 茨城大学人文社会科部法律経済学科准教授
土田 和博 早稲田大学法学学術院教授
長谷川 聡 専修大学法学部教授
水町 勇一郎 東京大学社会科学研究所教授
村田 弘美 リクルートワークス研究所グローバルセンター長

放送現場の話というのは、今年6月の規制改革会議の答申にこうあります。52ページです。

http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/publication/toshin/180604/toshin.pdf

g 放送に係る制作現場でのフリーランスなど雇用類似の働き方について、総務省の
協力を得て、実態と課題の整理・分析を行い、雇用類似の働き方の保護等の在り
方についての全般的な検討の材料とするとともに、放送に係る制作現場における
当面の必要な措置につき検討する。

|
|

« 在留資格は特定技能 | トップページ | 『日本の労働法政策』の案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/74380990

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用類似の働き方に係る論点整理等に関する検討会:

« 在留資格は特定技能 | トップページ | 『日本の労働法政策』の案内 »