« これは焦った・・・ | トップページ | ジャパンビバレッジ事件@『POSSE』39号 »

2018年7月12日 (木)

麻野進『会社員の終活』

9784827211351麻野進さんの『幸せな定年を迎えるために 50才からやっておくべき《会社員の終活》41のルール』(ぱる出版)をお送りいただきました。「終活」といっても死ぬ準備というわけではなく、会社員としての「終活」ということのようです。

http://pal-pub.jp/?p=4863

公的年金の支給開始年齢が65歳になり、少なくともそこまでは働かなくてはならない。しかし会社員には活躍期である「賞味期限」と、リストラされないで済む「消費期限」があることを忘れてはならない。晩節を汚して定年退職するような人は、悲惨な末路になっているが、周囲から慕われ、惜しまれて退職する人は充実した第2、第3の人生を謳歌している。幸せな定年(定年後)を迎えられる人と、そうでない人の違いは、『いかに上手に残り少ない、会社員の人生を終わらせられるか』にある。その具体的な生き方、考え方、身の処し方の注意点、ポイントについてアドバイスした一冊。

いろいろと書かれていますが、やっぱり50代の老兵諸氏が熟読玩味すべきはこの節でしょう。

4 後進の邪魔をする職場の困った中高年オジサンになっていはいけない

|
|

« これは焦った・・・ | トップページ | ジャパンビバレッジ事件@『POSSE』39号 »

コメント

毎回取り上げていただき、ありがとうございます<(_ _)>

投稿: 麻野進 | 2018年7月13日 (金) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/73846426

この記事へのトラックバック一覧です: 麻野進『会社員の終活』:

« これは焦った・・・ | トップページ | ジャパンビバレッジ事件@『POSSE』39号 »