« 濱口桂一郎×渡辺輝人「労働時間改革をめぐる実務家と政策論者の視点」@『POSSE』第24号(2014年) | トップページ | 社会民主主義に未来はあるか?@『生活経済政策』7月号 »

過労死防止学会(2018/6/3)における説明スライド

Karoushi01


Karoushi02


Karoushi03


Karoushi04


Karoushi05


Karoushi06


Karoushi07


Karoushi08


Karoushi09


Karoushi10


Karoushi11


Karoushi12


Karoushi13


Karoushi14


Karoushi15


Karoushi16


Karoushi17


Karoushi18


Karoushi19


Karoushi20


Karoushi21


Karoushi22


Karoushi23


Karoushi24


Karoushi25


Karoushi26

|
|

« 濱口桂一郎×渡辺輝人「労働時間改革をめぐる実務家と政策論者の視点」@『POSSE』第24号(2014年) | トップページ | 社会民主主義に未来はあるか?@『生活経済政策』7月号 »

コメント

賃金等は個別の内生的課題でもありますので、政治的思惑含め議論沸騰でかまいませんが、労働時間法制、なかんずくインターバル規制は唯一全セクターが一致できる課題であろうと思われますので、本エントリこそ今集中すべき勤労者全体のマクロ課題であろうと思います。
働く人たちのまさにプリンシプルな課題ですから。

投稿: kohchan | 2018年7月 5日 (木) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/73788088

この記事へのトラックバック一覧です: 過労死防止学会(2018/6/3)における説明スライド:

« 濱口桂一郎×渡辺輝人「労働時間改革をめぐる実務家と政策論者の視点」@『POSSE』第24号(2014年) | トップページ | 社会民主主義に未来はあるか?@『生活経済政策』7月号 »