« 何で日本の左派なひとは「成長」が嫌いか(再掲) | トップページ | 外国人労働者受入れ政策へ »

『月刊連合』6月号

Covernew『月刊連合』6月号は「公務員の労働基本権を考えよう」が特集です。

https://www.jtuc-rengo.or.jp/shuppan/teiki/gekkanrengo/backnumber/new.html

「公務員」というと、どんな仕事をイメージするだろうか。真っ先に浮かぶのは中央官庁や市町村の役所かもしれないが、実はもっと多種多様だ。警察や消防、税務署、税関、刑務所の職員、教職員や保育士、医師、看護師、水道や清掃、道路などのインフラ、森林、港湾の整備などを担う公務員もいる。いずれも、私たちの暮らしの安心や安全を守る公共サービスを提供する仕事だ。
ところが、日本の公務員は労働基本権が制約されている。団体交渉や労使協議を通じて労働条件を決定し職場環境を改善していくという、民間では当たり前のことができない。消防職員をはじめ、労働組合を結成する権利さえない場合もある。国際的に見れば、労働基本権に関するILO条約は公務員も対象に含まれている。各国でも警察や軍隊を除いて公務員の労働基本権を認めるという流れになっている。しかし、日本では1948年に権利が制約されて以来、その状態が継続している。
連合は、公務員の労働基本権回復によって自律的労使関係を確立し、民主的で透明な公務員制度改革を進めることを求めてきた。質の高い公共サービスの提供には、働く人たちが働きがいをもって活躍できる労働条件・労働環境の確保が必要であり、そのためには自律的労使関係の構築が不可欠であるからだ。
なぜ、公務員の労働基本権回復が必要なのか。もう一度わが事として考えてみたい。

ちょうど国民民主党、立憲民主党などが国家公務員制度改革関連3法案を国会に提出したようなので、それに併せたのかも知れません。

https://www.jtuc-rengo.or.jp/news/article_detail.php?id=976

ただね、これ結構世間の人が誤解しているんじゃないかと思うんだけど、少なくとも2000年代からの公務員の労働基本権改革の話は、自民党政権の時代から政府主導でやってきた話を最終段階で民主党政権がやったことなんですね。

なんか全部ひっくるめて民主党政権のやったことみたいにされてしまっていますが、実は制度設計のかなりの部分は自公政権時代に渡辺喜美大臣時代にやられたことだったりする。

ちなみに渡辺氏はその後どうなったんだろうと思ってググったら、みんなから維新を経て希望に接近して今は無所属のようです。

それはともかく、特集の中で興味深いのは

■クローズアップ「消防職員の団結権」

青木玲奈 全国消防職員協議会女性連絡会代表

大牟田市消防本部職員

ですね。青木玲奈さんが力説しています。

・・・消防署の隔日勤務は、1勤務が24時間勤務の3交代制で、出勤要請がなければ23時以降仮眠をとれますが、無給扱い。出勤した時間だけ賃金が支払われる仕組みです。又、技量を維持する訓練は、非番の日に行っています。・・・

人員が確保できない消防本部では2交代制が多く、一人の職員が消防隊、救急隊・救助隊、日勤事務と何役もこなすところもあります。こうした無理な体勢は健康や安全確保の面から非常に問題です。疲れによる判断の遅れが命取りになるからです。さらに平時から無理な体勢だと、災害時に対応できなくなってしまいます。ところが、労働基本権が制約されているため、人員確保や勤務態勢の改善について、現場の声が反映される話し合いの場を持つことすらできない。これは大きな問題です。・・・

・・・権利を与えるとストライキが起きるという、短絡的なネガティブキャンペーンには怒りを覚えます。私たちは、東日本大震災や熊本地震、各地の豪雨災害の現場で必死に救助活動に当たりました。その姿は、皆さんの目にも焼き付いていると思います。

権利を獲得したからといって職務を怠ることは絶対にあり得ません。仮にそんな人が居たら私たちが現場に出しません。・・・私たちはこの仕事に誇りを持っています。その誇りは労働基本権の回復によって揺らぐようなものでは決してありません。

あともう一つ、

国際労働運動の窓[4]

郷野晶子 ILO(国際労働機関)理事

は、ちょうど今始まったILO総会で議論されている職場の暴力とハラスメントを取り上げています。

ハリウッドにおけるセクハラスキャンダルに端を発し、ハッシュタグ「#Me Too」を用いた女性のセクハラ被害告発が盛んになってきている。雇用不安があるため、職場で暴力や関原被害を訴えることは容易ではないが、組合でもこの問題に関心が高まってきており、ILOで正式にこの問題を扱うことになった。・・・

・・・来年の二次討議まで、時間は余り残されていない。連合の含め労働者側の力を結束させ、条約化に向けて頑張りどころである。

18hyoushi06gatsuちなみに、郷野さんは『改革者』6月号にも出ていますが、こちらでは表紙にでかでかと顔が・・・。

http://www.seiken-forum.jp/publish/top.html

|
|

« 何で日本の左派なひとは「成長」が嫌いか(再掲) | トップページ | 外国人労働者受入れ政策へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/73619844

この記事へのトラックバック一覧です: 『月刊連合』6月号:

« 何で日本の左派なひとは「成長」が嫌いか(再掲) | トップページ | 外国人労働者受入れ政策へ »