« 雇用類似の働き方@『BLT』6月号 | トップページ | 雇用システムと教育システムの問題 »

社会人になる前にこの本を読めて本当に助かった。。。

Books918521_1920 「ふぁらんちゅぷれぜんつ」というブログで、「大学生におすすめな本を徹底厳選!理系・文系問わず読んで欲しい!」というタイトルで、約20冊の本が紹介推薦されています。

https://faraspice.com/book/1111/

僕が読んだ本の中で、自信を持ってオススメできる本を厳選してを紹介いたします!

どんな本が挙がっているかというと、藤原帰一の『戦争の条件』、西内啓の『統計学が最強の学問である』、中室牧子の『「学力」の経済学」と、いかにもいかにもという本が並んでいます。

Chuko で、その次にこんな本が:

お次は『若者と労働』です。

拙著が出てきました。

どこがお勧めなのか?

僕は『大学ってなんのため?』という素朴な疑問に悩んだ時期がありました。この疑問に対し、労働の観点から深く考えることができるようになったのは、ひとえにこの本のおかげです。学術的な内容でハウツー本ではないですが、是非大学生のみなさんに読んでほしいと思っています!

素朴な疑問に、深く考える素材を提供できたというのは、この上ない褒め言葉だと思います。ありがとうございます。

「若者と労働」で得ることができた知識は僕の考え方を大きく変えました。社会人になる前にこの本を読めて本当に助かった。。。

とのことです。

 

 

 

 

 

 

 

|
|

« 雇用類似の働き方@『BLT』6月号 | トップページ | 雇用システムと教育システムの問題 »

若者と労働」カテゴリの記事

コメント

濱口さんご本人から感想がいただけるとは。。大変恐縮です。hamachanブログからも多くのことを勉強させていただいております。ありがとうございました!

投稿: ふぁらと | 2018年5月26日 (土) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/73561170

この記事へのトラックバック一覧です: 社会人になる前にこの本を読めて本当に助かった。。。:

« 雇用類似の働き方@『BLT』6月号 | トップページ | 雇用システムと教育システムの問題 »