« もっと幸せに働こう!@『月刊連合』5月号 | トップページ | 「論争のススメ」に熊沢誠さん登場 »

2018年5月 1日 (火)

EUのオンラインプラットフォーム規則案

去る4月26日、欧州委員会(デジタル経済担当)は、「オンライン仲介サービスのビジネスユーザーのための公正と透明性を促進する規則案」を提案しました。

http://europa.eu/rapid/press-release_IP-18-3372_en.htm

ここでいう「ビジネスユーザー」というのが、まさに労働者性が常に問題となるプラットフォーム就労者のことです。

Increasing transparency: Providers of online intermediation services must ensure that their terms and conditions for professional users are easily understandable and easily available. This includes setting out in advance the possible reasons why a professional user may be delisted or suspended from a platform. Providers also have to respect a reasonable minimum notice period for implementing changes to the terms and conditions. If a provider of online intermediation services suspends or terminates all or part of what a business user offers, this provider will need to state the reasons for this. In addition, the providers of these services must formulate and publish general policies on (i) what data generated through their services can be accessed, by whom and under what conditions; (ii) how they treat their own goods or services compared to those offered by their professional users; and (iii) how they use contract clauses to demand the most favourable range or price of products and services offered by their professional users (so-called Most-Favoured-Nation (MFN) clauses). Finally, both online intermediation services as well as online search engines must set out the general criteria that determine how goods and services are ranked in search results.

透明性の向上:オンライン仲介サービスのプロバイダーは、職業的ユーザーの就労条件が容易に理解可能でアクセス可能なようにしなければならない。これには事前に職業的ユーザーがプラットフォームから除名されたり資格停止される理由を設定することが含まれる。プロバイダーはまた、就労条件の変更への合理的な最低告知期間を尊重しなければならない。オンライン仲介サービスのプロバイダーがビジネスユーザーの提供物の全部または一部を保留したり終了したりすれば、このプロバイダーはその理由を述べる必要がある。さらに、これらサービスのプロバイダーは(イ)そのサービスを通じて生み出されたいかなるデータが誰によっていかなる条件下でアクセスされるか、(ロ)職業ユーザーによって提供されたものと比べてプロバイダーの財やサービスをいかに取り扱うか、(ハ)職業ユーザーによって提供された生産物やサービスのもっとも望ましいレンジや価格を求める契約条項を用いるか、に関する一般方針を定式化し公表しなければならない。最後に、オンライン仲介サービスとオンライン検索エンジンは検索結果において財やサービスがいかにランク付けされるかを決定する一般基準を設定しなければならない。

Resolving disputes more effectively: Providers ofonline intermediation services are required to set up an internal complaint-handling system. To facilitate out-of-court dispute resolution, all providers of online intermediation services will have to list in their terms and conditions the independent and qualified mediators they are willing to work with in good faith to resolve disputes. The industry will also be encouraged to voluntarily set up specific independent mediators capable of dealing with disputes arising in the context of online intermediation services. Finally, associations representing businesses will be granted the right to bring court proceedings on behalf of businesses to enforce the new transparency and dispute settlement rules.

より効果的な紛争解決:オンライン仲介サービスのプロバイダーは、社内に苦情処理制度を設置しなければならない。裁判外紛争解決を促進するため、すべてのオンライン仲介サービスのプロバイダーは、その就労条件において紛争解決に信義をもってあたろうとする独立かつ資格を有する仲裁人のリストを示さなければならない。当該産業はまた、オンライン仲介サービスから生じる紛争を取り扱う専門の独立仲裁人を設置することが求められる。・・・

Setting up an EU Observatory to monitor the impact of the new rules: The Observatory would monitor currentas well as emerging issues and opportunities in the digital economy, with a view to enabling the Commission to follow up on today's legislative proposal if appropriate. Particular attention will be paid to developments in policy and regulatory approaches all over Europe.

そしてEUにこの問題を担当する機関を設置するということです。

この問題は今や世界的に注目を集めていますが、とにかくEUは一歩足を踏み出したようですね。

|
|

« もっと幸せに働こう!@『月刊連合』5月号 | トップページ | 「論争のススメ」に熊沢誠さん登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/73405846

この記事へのトラックバック一覧です: EUのオンラインプラットフォーム規則案:

« もっと幸せに働こう!@『月刊連合』5月号 | トップページ | 「論争のススメ」に熊沢誠さん登場 »