« 金津健治『目標による管理』 | トップページ | 久本憲夫『新・正社員論―共稼ぎ正社員モデルの提言』 »

長澤・ハマキョウにいよいよ最高裁判決?

最高裁がこの2事案について、4月に弁論期日を設定したとのことで、

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27812940X00C18A3CR8000

正社員と非正社員の待遇の格差が違法かどうかが争われた2件の訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は7日、原告の非正社員と、会社側の双方から意見を聞く弁論期日を4月に指定した。労働契約法20条が禁じる「不合理な格差」の線引きを巡る司法判断が割れており、最高裁が解釈について初判断を示すとみられる。判決言い渡しは5~6月ごろの見通し。

それまで労働法関係の本は出るのをこらえることになるのかも知れません。

|
|

« 金津健治『目標による管理』 | トップページ | 久本憲夫『新・正社員論―共稼ぎ正社員モデルの提言』 »

コメント

こんにちは。
この2つの事案がどのように判断されるかで各企業の人事政策が大きく変わるような気がしますね。

あとは日本郵便でも係争中ですね。あの事案もどのようになるのか気になります。

投稿: いーちゃん | 2018年3月12日 (月) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/73065227

この記事へのトラックバック一覧です: 長澤・ハマキョウにいよいよ最高裁判決?:

« 金津健治『目標による管理』 | トップページ | 久本憲夫『新・正社員論―共稼ぎ正社員モデルの提言』 »