« ジョブ型労働社会の崩壊? | トップページ | 金津健治『目標による管理』 »

海老原さんはジョブ型論を全面展開

Pc077197一方、海老原嗣生さんは、「CodeIQ Magazine」で、ジョブ型論を全面展開しています。

https://codeiq.jp/magazine/2018/03/57040/(なぜ、日本では転職が少ないのか?―海老原嗣生氏が語る「人事管理の側面から見る日本の働き方」①)

https://codeiq.jp/magazine/2018/03/57042/(なぜ、日本は解雇が難しいのか?―海老原嗣生氏が語る「人事管理の側面から見る日本の働き方」②)

その中で、私の名前も出てきます。

「日本は自由に解雇できないと経営者は言いますが、その分、どれだけメリットがあるのか、欧米と比べて考えてみてほしい。これを労働者も理解してほしい。悪いこともあるが良いこともあるから成り立つ、裏と表なのです」

海老原氏は、濱口桂一郎さんの言葉を引用して、「世界中の雇用システムというのは、国よって大きく違う。けれど、すべてが一長一短だ。万能な労働システムはない」という。

|
|

« ジョブ型労働社会の崩壊? | トップページ | 金津健治『目標による管理』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/73058902

この記事へのトラックバック一覧です: 海老原さんはジョブ型論を全面展開:

« ジョブ型労働社会の崩壊? | トップページ | 金津健治『目標による管理』 »