« 海老原さんはジョブ型論を全面展開 | トップページ | 長澤・ハマキョウにいよいよ最高裁判決? »

金津健治『目標による管理』

Bk00000504例によって讃井暢子さんより金津健治『目標による管理-組織成果を高める運用法、職場水準に応じた展開法』(経団連出版)をお送りいただきました。いつもありがとうございます。

http://www.keidanren-jigyoservice.or.jp/public/book/index.php?mode=show&seq=504&fl=

◆働き方改革時代の生産性向上策
◆従業員の意識改革からプロフェッショナル人材の育成まで
◆「目標管理」運用の段階的レベルアップ法
◆運用ノウハウや手法を50点以上の図表を用いて紹介

「目標による管理」(目標管理)は、今日ではどこの企業でも人事評価制度や経営管理の仕組みとして
欠かせないものとなっているにもかかわらず、多くの職場ではいまだに試行錯誤が繰り返されています。
問題となっている点を解決しようと仕組みを見直しても、別の新たな不具合が生じ、
人事担当者も管理職も変更された仕組みに振り回されているのが実情です。
そのような中で管理職が、自身のマネジメント力や部下の特性、業務の繁忙度などに合わせて
目標管理を展開するための方法を紹介します。

|
|

« 海老原さんはジョブ型論を全面展開 | トップページ | 長澤・ハマキョウにいよいよ最高裁判決? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/73058942

この記事へのトラックバック一覧です: 金津健治『目標による管理』:

« 海老原さんはジョブ型論を全面展開 | トップページ | 長澤・ハマキョウにいよいよ最高裁判決? »