« 上野国久『ホンダ、フォルクスワーゲン プジョーそしてシトロエン 3つの国の企業で働いてわかったこと』 | トップページ | 五十嵐泰正『原発事故と「食」』 »

水町勇一郎『「同一労働同一賃金」のすべて』

L24307水町勇一郎さんより『「同一労働同一賃金」のすべて』(有斐閣)をお送りいただきました。ありがとうございます。

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641243071

「同一労働同一賃金」の実現へと改革が進む。労使それぞれに衝撃を与え,大きな変革を迫るが,確かな理解に基づきあるべき方向へと進めるために,どのように向き合い取り組むべきか。第一線に立つ著者が,経緯をたどり,現在位置と今後の方向性を強く指し示す。

この間の経緯を知っている人であればあるほど、「真打ち登場!」と声を掛けたくなるであろう、水町さんの同一労働同一賃金本です。

ただ、中身は水町節全開というよりは、この間の経緯と改正内容を、やや第三者的立場からのように淡々と語っている感じです。

はじめに 「同一労働同一賃金」の衝撃
第1章 法改正の経緯──「一億総活躍」「働き方改革」と「同一労働同一賃金」
第2章 法改正の前史──「正規・非正規格差」とこれまでの法的対応
第3章 法改正案の内容──改革の趣旨と改正法案・条文案解説
第4章 法改正の基礎──外国法(フランス法,ドイツ法)の概要と日本との異同
むすび 「同一労働同一賃金」の実現に向けて

という感想を読者が持つであろうと思ったのでしょう。最後の「あとがき」では、

・・・この本は、全国各地で聞き取ったこの疑問や悩みに対し、なるべく私見や偏見を差し挟まず、原資料に基づいて誠実にお答えしようという思いから、書いたものである。

とありました。いやいやその「私見」が聞きたかったりするんですが。

|
|

« 上野国久『ホンダ、フォルクスワーゲン プジョーそしてシトロエン 3つの国の企業で働いてわかったこと』 | トップページ | 五十嵐泰正『原発事故と「食」』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/72954850

この記事へのトラックバック一覧です: 水町勇一郎『「同一労働同一賃金」のすべて』:

« 上野国久『ホンダ、フォルクスワーゲン プジョーそしてシトロエン 3つの国の企業で働いてわかったこと』 | トップページ | 五十嵐泰正『原発事故と「食」』 »