フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« グローバル企業の労働組合は、グローバル化しているか? | トップページ | 『働く女子の運命』第5刷 »

2018年2月 3日 (土)

哲学の本でおすすめはありますか?

いやまさか、こういうくくりでこの本の名前が挙がるとは夢にも思っていませんでした。

https://twitter.com/flashkntrwtnb/status/959721297482678272

Dvgdbu5vmaem9dq

この問いに対する「せでぃ」さんのツイートに曰く:

スピノザの『神学政治論』はすごくおすすめです。パスカルの『パンセ』もどうぞ
労働関係だと濱口桂一郎先生の『労働法政策』とか?
あと社会学者の盛田和夫先生の『リベラリズムとは何か?』は個人的に好きです

あわわ、さすがにスピノザやパスカルと並べられると慌てます。

てかこれは、問いの前半の「哲学の本」枠じゃなくて、「または哲学以外で」の方なんでしょうけど、それにしてもこういう並びで名前を出されるとは意表を突かれました。

 

 

 

« グローバル企業の労働組合は、グローバル化しているか? | トップページ | 『働く女子の運命』第5刷 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哲学の本でおすすめはありますか?:

« グローバル企業の労働組合は、グローバル化しているか? | トップページ | 『働く女子の運命』第5刷 »