« 奨学金破産の雇用システム的根源 | トップページ | 「雇用類似の働き方に関する検討会設置の目指すもの」@『月刊人事労務実務のQ&A』2018年3月号 »

2018年2月13日 (火)

佐藤博樹・矢島洋子『新訂 介護離職から社員を守る』

1660162x240佐藤博樹・矢島洋子『新訂 介護離職から社員を守る ~ワーク・ライフ・バランスの新課題』(労働調査会)をお送りいただきました。ありがとうございます。

http://www.chosakai.co.jp/publications/20294/

団塊の世代が75歳以上に到達する2025年には、団塊ジュニア層が親の介護に直面することが予想されます。介護離職による優秀な人材の流出を防止することは、企業にとって今後ますます重要な課題となってきます。本書は、仕事と介護の両立を企業がどうやって支援していくべきか、統計調査や個別事例を基に「事前の情報提供」「制度の見直し」「柔軟な働き方」という視点から解説しています。新訂版では育児・介護休業法、介護保険法の改正を反映するとともに、著者二人による対談を追加し、介護離職と企業の対策をめぐる最近の状況を見渡しています。

ということで、冒頭の対談が見通しをよくしてくれるいい導きになっています。

序章 対談・介護離職を防ぐ取組みは広まったか
Ⅰ章 なぜ企業に仕事と介護の両立支援が求められるのか
Ⅱ章 介護が必要になる前の情報提供が重要に
Ⅲ章 両立支援制度の設計・見直し
Ⅳ章 両立に直面した人への支援
Ⅴ章 ワーク・ライフ・バランスを実現するための働き方改革
Ⅵ章 企業だけでなく~社会で支える仕事と介護の両立

|
|

« 奨学金破産の雇用システム的根源 | トップページ | 「雇用類似の働き方に関する検討会設置の目指すもの」@『月刊人事労務実務のQ&A』2018年3月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/72910004

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤博樹・矢島洋子『新訂 介護離職から社員を守る』:

« 奨学金破産の雇用システム的根源 | トップページ | 「雇用類似の働き方に関する検討会設置の目指すもの」@『月刊人事労務実務のQ&A』2018年3月号 »