フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« メンバーシップ型の日本での転職@リクルートワークス研 | トップページ | 野原蓉子『パワハラ・セクハラ・マタハラ相談はこうして話を聴く』 »

2017年12月19日 (火)

『ビジネス法務』2月号のお知らせ

1603284_p中央経済社の雑誌『ビジネス法務』の2018年2月号がもうすぐ刊行されるようです。

https://www.fujisan.co.jp/product/3198/next/

この表紙を見たら、「ああそうか、hamachanは働き方改革について何か書いているのだな」と思うのが普通でしょうが、さにあらず。この特集の目次は次のように、錚々たる人々が名を連ねていますが、私は入っていません。

特集 「働き方改革」法案要綱の全容を解く

大変革期を乗り越える鍵は積極的な労使対話に  山田 久  12

働き方改革は何を「改革」するのか
改正の全体像と対応ポイント  倉重公太朗  16

≪労働時間法制≫

時間外労働・長時間労働の是正  北岡大介  21

高度プロフェッショナル制度の導入と課題  岡田和樹  27

≪同一労働同一賃金≫

法改正が目指す「不合理な待遇差」の禁止とは  橘 大樹  32

日本郵便(東京)事件にみる労契法20 条の判断基準  岸 聖太郎  37

有期雇用者・パートタイマーの待遇差是正  石嵜裕美子  42

派遣労働者の待遇差是正  佐々木晴彦  48

Interview 株式会社イトーヨーカ堂
企業利益に寄与する 真摯なパワハラ・メンタルヘルス対策  久保村俊哉  54

Interview 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
テレワーク導入を契機とした働き方改革の取組み  本合暁詩/山下健介  58

働き方改革の経済分析  山本 勲  61

ILO「国際労働基準」と日本の取組み  田中竜介  66

この表紙では、下の方にちらりと出ている「特別企画 AIで変わる法規制」の方に、私は寄稿しております。

特別企画 AIで変わる法規制

総 論 AI に対して法はどう向き合うか  新保史生  73

憲 法 個人の尊厳・自律とAI による評価  山本龍彦  75

労働法 デジタル経済時代の労使関係  濱口桂一郎  77

行政法 AI 社会における行政規制・行政によるAI の活用に向けて  横田明美  80

不法行為法・PL 法 民事責任 ー AI・ロボットと責任の分配  波多江 崇  82

知財法 ビッグデータ,学習済みモデル,AI 生成物の保護  柴野相雄/松村将生  84

独禁法 デジタル・カルテルが問う「合意」要件  植村幸也  86

金融法 市場取引,金融サービス,コンプライアンスにおけるAI の活用  森口 倫  88

刑事法 AI・ロボットと刑事法ー取得情報とプライバシーを中心に  松尾剛行  90

司法制度 裁判過程・司法判断におけるAI の可能性  大屋雄裕  92

国際法 AI 搭載兵器の責任をめぐる法的問題  佐藤丙午  94

« メンバーシップ型の日本での転職@リクルートワークス研 | トップページ | 野原蓉子『パワハラ・セクハラ・マタハラ相談はこうして話を聴く』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ビジネス法務』2月号のお知らせ:

« メンバーシップ型の日本での転職@リクルートワークス研 | トップページ | 野原蓉子『パワハラ・セクハラ・マタハラ相談はこうして話を聴く』 »