« 若森章孝・植村邦彦『壊れゆく資本主義をどう生きるか』 | トップページ | 麻野進『最高のリーダーが実践している「任せる技術」』 »

2017年11月15日 (水)

労働に目覚めた元赤軍派議長

元赤軍派議長の塩見孝也氏が亡くなったというニュースが流れていて、

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171115/k10011224341000.html

元赤軍派議長で、昭和45年のよど号ハイジャック事件の首謀者として実刑判決を受けた塩見孝也さんが14日夜、心不全のため都内の病院で亡くなりました。76歳でした。

本ブログでかつて取り上げたある記事を思い出しました。

それは、産経新聞のやや揶揄的な記事をとりあげたものですが、

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-d14f.html (赤軍派議長@シルバー人材センター)

 「この年になって、ようやく労働の意義を実感している。39歳のひとり息子も『親父がまともな仕事をするのは初めてだ』と喜んでいます」

うーむ、左翼運動に半世紀をつぎ込んで、今になって「ようやく労働の意義を実感」ですかね。いままでは地に足のついていない革命運動だった、と。

>塩見さんは「要するに、僕のこれまでの生涯は、民衆に奉仕するというより、民衆に寄生してきたのです。奉仕されるばかりで、自前の職業的労働すらしてこなかった。これは情けないことで、よく生きてこられたなとも思う。だからこそ、自己労働を幾ばくかでもやり、本物の革命家になりたいと思うわけです」。

今頃そういうことを言われても・・・。

労働の意義を実感したのがシルバー人材センターだった、というのが、いろんな意味で面白かったので・・・。

Kakumeibaka_1 あと、こんなエントリもありました。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-9191.html (塩見孝也『革命バカ一代 駐車場日記』)

・・・しかし人生の大部分を革命運動に打ち込んできた塩見さんが70代になって人生ではじめて取り組んだのが「労働運動」であったというのは、いろいろとものを考えさせます。

|
|

« 若森章孝・植村邦彦『壊れゆく資本主義をどう生きるか』 | トップページ | 麻野進『最高のリーダーが実践している「任せる技術」』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/72225002

この記事へのトラックバック一覧です: 労働に目覚めた元赤軍派議長:

» シルバー人材センターでの労組結成を期待 [シジフォス]
国会情勢や労働運動をめぐっても苛立ちばかりが募る。批判はいくらでもできるが、的確な運動がなかなか見えてこない。ヤマトが人手不足で「年末夜間、時給2000円」との記事<ヤマト運輸が一部地域で、12月の夜間に勤務する臨時アルバイトのドライバーを時給2000円で募集していることが14日、分かった。お歳暮やクリスマスプレゼントで配達が増える年末繁忙期の人手確保が狙い>を読んだが、決して高いとは思えない過酷な労働だと思う。半世紀近く前、自分がテレビ局で深夜の収録専門ADをしたり、新宿でバーテンをやっ...... [続きを読む]

受信: 2017年11月16日 (木) 06時29分

« 若森章孝・植村邦彦『壊れゆく資本主義をどう生きるか』 | トップページ | 麻野進『最高のリーダーが実践している「任せる技術」』 »