« 年間の争議行為は66件@『労務事情』2017年10月1日号 | トップページ | 日本の労働市場における信仰による統計的差別@小林徹 »

2017年9月29日 (金)

みんな消えてしまった・・・

今月から法政大学公共政策大学院での授業「雇用労働政策研究」が始まりました。中身は夏学期に東大公共政策大学院でやっている「労働法政策」と同じで、半年ごとに少しづつアップデートしているのですが、今回は開始直前にいきなり冒頭解散と言われ、慌てて「今臨時国会で働き方改革関連法案が成立の予定」ってところを削除して、テキストを配布したところです。

で、昨晩、同一労働同一賃金に係る政策の推移を説明しながら、2015年に労働者派遣法改正案への対案として野党4党から提案され、その後自民、公明、維新の与野党3党の修正で成立した職務待遇改善法、いわゆる同一労働同一賃金推進法について解説している時、

・・・民主、維新、みんな、生活の4野党が、・・・を国会に提出した。

というところで、思わず、

「みんな消えてしまいましたけどね」

と呟いてしまいましたがな・・・。

|
|

« 年間の争議行為は66件@『労務事情』2017年10月1日号 | トップページ | 日本の労働市場における信仰による統計的差別@小林徹 »

コメント

本当だ。
つい、笑っちゃいました。
派遣法が政治的パフォーマンスに使われていることを象徴する結果かもしれないです。

投稿: シムカヨ | 2017年10月 2日 (月) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/71838820

この記事へのトラックバック一覧です: みんな消えてしまった・・・:

« 年間の争議行為は66件@『労務事情』2017年10月1日号 | トップページ | 日本の労働市場における信仰による統計的差別@小林徹 »