« シュロモー・サンド『ユダヤ人の起源』 | トップページ | 大学教育の「実践性」@『JIL雑誌』10月号 »

副業・兼業と労働法上の問題@『全国労保連』2017年9月号

Kaihou1709large_jpg『全国労保連』2017年9月号に「副業・兼業と労働法上の問題」を寄稿しました。

「働き方改革をめぐる諸問題」という新連載の第1回目です。

今年3月、政府は「働き方改革実行計画」を策定しました。そのうち同一労働同一賃金と時間外労働の上限規制についてはマスコミ等も大いに書き立て、今臨時国会に法改正案が提出され、成立する予定です。しかし同実行計画にはそれ以外にも労働関係者が注目する必要のある項目が一杯つまっています。今回はそのうち、副業・兼業に関わるところを解説しておきたいと思います。 ・・・・・

http://www.rouhoren.or.jp/kaihou1709idx-large.JPG

|
|

« シュロモー・サンド『ユダヤ人の起源』 | トップページ | 大学教育の「実践性」@『JIL雑誌』10月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/71805747

この記事へのトラックバック一覧です: 副業・兼業と労働法上の問題@『全国労保連』2017年9月号:

« シュロモー・サンド『ユダヤ人の起源』 | トップページ | 大学教育の「実践性」@『JIL雑誌』10月号 »