« 萬井隆令『労働者派遣法論』 | トップページ | JILPT『非正規雇用の待遇差解消に向けて』 »

申し分のない良書

112483 拙著『日本の雇用と労働法』に対して、新空调硬座普快卧さん(なんとお読みすれば良いのでせう)が、短くも一言でこう評していただきました。

https://bookmeter.com/books/4017011

申し分のない良書。簡潔だが正確性を失わない筆者の文章は,筆者の研究の深さを雄弁に物語る。信頼できる筆者。

「申し分のない良書」という評語は、著者にとってはこの上ない言葉です。ありがとうございます。

|
|

« 萬井隆令『労働者派遣法論』 | トップページ | JILPT『非正規雇用の待遇差解消に向けて』 »

日本の雇用と労働法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/71286753

この記事へのトラックバック一覧です: 申し分のない良書:

« 萬井隆令『労働者派遣法論』 | トップページ | JILPT『非正規雇用の待遇差解消に向けて』 »