« シェアリング・エコノミー等が雇用・労働市場に与えるインパクト@経済同友会 | トップページ | 『DIO』327号 »

2017年6月 2日 (金)

年功給か職務給か?@『労働情報』にコメント

20170603225520_2

4月号からカラフルな表紙になった『労働情報』ですが、4月号から「論争のススメ 年功給か職務給か?」というちょっとした連載が始まっています。

956b4月号の金子良事×龍井葉二対談については本ブログで取り上げました。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/by-acae.html(年功給か職務給か? by 金子良事×龍井葉二)

957b

5月号では禿あや美×大槻奈己対談が載っており、そして龍井さんから、この二つの対談を論評してくれという依頼が来ました。

この依頼を受けたのはわたくしと遠藤公嗣さんだったようで、この二人のコメントが6月号に載っています。

遠藤さんのコメントは、バリバリ職務給派からの批判になっていますが、わたしのコメントは少し入り組んでいます。

そもそも賃金論において、対立概念は何なのか。雇用システムに対応した「仕事に人がつく」「人に仕事が付く」という話だけではなく、もっとそもそも論のレベルで、賃金制度が従うべき正義は何か?という観点から、交換の正義と分配の正義という切り口でコメントを試みています。

 本誌で前々号、前号に掲載された二つの対談(金子良事×龍井葉二、禿あや美×大槻奈己)を読んで論評せよとの依頼である。昨年来の官邸主導の「同一労働同一賃金」政策に対して、労働運動の側が明確なスタンスを示し得ていない現状の中で、これまで避けられてきた「論争」をあえて喚起しようという壮図に呼応して、本稿では日本の賃金制度の歴史を賃金思想に係るイデオロギー批判的観点から再考察し、両対談が提起した問題を掘り下げて論じてみたい。

 このシリーズは「年功給か職務給か」と銘打っているが、そもそも両者は厳密な意味で対立しているのだろうか。龍井が言うように前提となる雇用システムが「仕事に人がつく」のか「人に仕事がつく」のかという意味では両者は対立概念である。しかし、賃金がいかなる社会的価値に対して支払われる(べきな)のか、言い換えれば賃金制度が従うべき正義は何か、という観点からは、対立軸は曖昧になる。「年功」が表示するものは何なのか、年齢に伴う生計費なのか、勤続に伴う職業能力なのか。

 龍井が持ち出している勤続十年のシングルマザーの相談は示唆的である。彼女は「昨日入ってきた高校生の女の子となんでほとんど同じ時給なのか」と問う。大槻は「10年経験が違ったら・・・同じ賃金には絶対にならない」といささか的外れな反応をするが、彼女が聞きたいのは「養ってもらっている高校生と、子どもを育てているお母さんと時給が同じ」でいいのかということだ。

 そもそも賃金は労務の対価として市場における交換の正義に従うとともに、それによって生計を立てるべき原資として分配の正義に服するべきものである。しかしながら両者は多くの場合矛盾する。このダブルバインドをいかに整合性ある思想の下に統一するかは、いかなる賃金制度であっても解決しなければならない課題であった。そして極めてざっくりいえば、それを労働市場の集団的プレイヤーたる労働組合が主導する形で、あくまでも交換の正義に従う「職務」に基づく賃金を分配の正義を充たす「生活」しうる水準に設定することによって達成しようとしてきたのが欧米の職務型社会であった。原則としてそれで生活できる水準の賃金を、団体交渉を通じて「職務」単位で決定する。それで賄いきれない部分は福祉国家を通じて、すなわち純粋に分配の正義に基づいて補われる。

 それに対し金子が引く伍堂卓雄は、賃金決定において年齢と扶養家族という分配の正義を全面に出し、交換の正義の追求を否定した。市場の集団的プレイヤーとしての労働組合が欠落した生活給思想は、戦時体制下に皇国勤労観によって増幅強化され、終戦直後の電産型賃金体系に完成を見る。当時、世界労連はかかる賃金制度を痛烈に批判していたのだが、日本の労働組合は断乎として交換の正義を拒否したのである。

 当初職務給への移行の論陣を張っていた経営側は、1969年の『能力主義管理』において、仕事に着目する職務給からヒトに着目する職能給に転換した。正確にいうと、「職務を遂行する能力」という一見職務主義的な装いの下に、その実は極めて主観的な「能力」評価に基づく賃金制度を定式化したのである。「能力主義」とは、実際には「能力」査定によって差が付く年功制を意味した。そしてその差が不可視の「能力」によって正当化される仕組みの確立でもあった。本来交換の正義を否定して企業における分配の正義として構築された年功給が、「能力」の対価として企業という名の内部労働市場の交換の正義によって正当化されるという入り組んだ構図である。

 意外に思われるかも知れないが、「能力主義」においては、既に非正規労働者の均等処遇問題は論理的には解決済みである。なぜなら、正社員の賃金が高く、非正規労働者の賃金が低いのは、その「能力」にそれだけの格差があるからだ。そして、非正規労働者の主力が家計補助型のパート主婦と学生アルバイトで占められている時代には、それは分配の正義に概ね合致していた(そのずれを一身に体現するのがシングルマザーであったわけだが)。

 1990年代以降、性別と年齢を問わない形での非正規化が進行し、とりわけ家計維持型の若年・中年男性非正規労働者が目立つようになると、その生活費と低賃金のずれに社会的関心が集まってくる。しかしそれを的確に論じうるような道具立ては、先行する時代に既に消滅していた。主婦パートや学生アルバイトが低賃金なのは彼らの「能力」が低いからであり、正社員の高賃金はその「能力」が高いゆえであるという経済学的説明が正しいならば、若年・中年男性非正規労働者がいかに生活に苦しんでいたとしても、それは彼らの「能力」不足の帰結に過ぎない。生活給を能力で説明することで賃金のダブルバインドを解消してしまったかつての超先進国ニッポンは、交換の正義で掬えない分配の正義を正面から論じる道具をも見失ってしまった。

 本来分配の平等を何ら含意しない(し、むしろ思想的には逆向きである)職務給が、しかも成果主義的偏奇すら伴って、あたかも格差是正の妙薬であるかのように論じられるという現代日本のねじれにそれが露呈している。大槻はいささか無防備に「「働いた貢献」と「その時得られる報酬」っていうのは、そのときどきでバランスする必要がある」と口走る。だが今日の「能力主義」+「成果主義」的年功制は、(少なくとも建前上は)そんなものは既にクリアしているのだ。言うまでもなく、同一労働(なら)同一賃金とは対偶をとれば異なる賃金(なら)異なる労働であり、シングルマザーのレジ係を(昨日入った女子高生ではなく)そのスーパーの正社員の賃金水準に引き上げるものではない。この混迷をさらに増幅しているのが、(本来人権論的問題意識から男女差別についてのみ同一労働でなくても超越的に適用されるべきものとして発展してきた)同一「価値」労働同一賃金論を、職務分析という手法論を経由して、非正規労働問題に不用意に持ち込んできたことである。

 職務給も同一労働同一賃金も、それ自体は交換の正義しか含意しない。それを分配の正義であるかのごとく思い込むならば、手ひどいしっぺ返しを喰らうだろう。我々の課題は複合的である。一方で「能力」という万能空疎の原理ではなく、より客観的な指標に基づいて交換の正義たる賃金制度を再確立すること。他方でそれができる限り分配の正義をも充たすように企業と雇用形態を超えた「生活できる賃金水準」を(産業レベルで)確立し、併せて福祉国家という分配の正義を強化すること。そのいずれが欠けても、事態は少なくとも短期的には悪化するだろう。我々は依然として「生活」と「能力」のアポリアの中にある。

|
|

« シェアリング・エコノミー等が雇用・労働市場に与えるインパクト@経済同友会 | トップページ | 『DIO』327号 »

コメント

過去半世紀の間、いまだ「生活」と「能力」の袋小路に佇む日本企業…。最終段落にてご指摘の、まず「より客観的な指標にもとづいて"交換の正義たる賃金制度"を再確立すること」を真に実現するには....やはり従前のメンバーシップ型雇用慣行(会社の人事権に基づく労働者の異動や配転)の下でないがしろにされてきた「職務」という概念そのものを復活させること。つまり、社内(外)候補者の誰にでも見える形でオープンポジションを明確化し、異動する人材の選考にあたっては採用活動と同様の健全な競争とアカウンタビリティを持たせること。そのためのインフラとして必要なアイテムこそ、知識やスキルや経験などその職務遂行に求められる要素(職務要件)及び勤務地やレポート先や給与グレードレベルが記載された「職務記述書」でしょう。このように客観的なJDに基づいて採用や評価や異動といった人事実務を社内外労働市場と擦り合わせて進めていくというジョブ型の人事運用を少なくともマネジャーや専門職ポジション(非組合員)以上に対して実装していくことで "交換の正義" のベースたるアサインメントと賃金の納得感が醸成されていくのではないかと考えます。

投稿: 海上周也 | 2017年6月11日 (日) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/70745785

この記事へのトラックバック一覧です: 年功給か職務給か?@『労働情報』にコメント:

» 30年で世界の労組組織率は半減 その結果何が起きたか  [シジフォス]
昨日のOECD東京センターTwitterに、興味深い文章と図表があった。<最新の「雇用アウトルック(#Employment Outlook) 2017」によれば、OECD加盟国では平均で、労働者全体の約17%が労働組合に所属しています。この数字は1985年の30%という数字から大きく減少しています>とのこと。残念ながら1985年の「Trade union membership」のグラフは探せなかったが、あらためて組織率(不思議な用語…)の違いと減少傾向に驚かされる。なお30年でなぜ半減した...... [続きを読む]

受信: 2017年6月20日 (火) 06時20分

« シェアリング・エコノミー等が雇用・労働市場に与えるインパクト@経済同友会 | トップページ | 『DIO』327号 »