« 大湾秀雄『日本の人事を科学する』 | トップページ | 大室正志『産業医が見る過労自殺企業の内側』 »

2017年6月27日 (火)

勤務間インターバル導入企業2.2%@『労務事情』7月1日号

Roumujijou_2017_07_01 『労務事情』7月1日号に「気になる数字第4回」として「勤務間インターバル導入企業2.2%」を寄稿しました。

 去る3月28日に決定された「働き方改革実行計画」では、話題をさらった時間外労働の上限規制の導入に併せて、勤務間インターバル制度についても労働時間設定改善特別措置法に努力義務を規定することが決められました。そして「制度の普及促進に向けて、政府は労使関係者を含む有識者検討会を立ち上げる」ことも示されました。これはそれに先だって労使合意に盛り込まれたもので、2月の事務局案には影も形もなかったものですから、連合が頑張った結果だと言えましょう。 ・・・

|
|

« 大湾秀雄『日本の人事を科学する』 | トップページ | 大室正志『産業医が見る過労自殺企業の内側』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/70979218

この記事へのトラックバック一覧です: 勤務間インターバル導入企業2.2%@『労務事情』7月1日号:

« 大湾秀雄『日本の人事を科学する』 | トップページ | 大室正志『産業医が見る過労自殺企業の内側』 »