« 講座労働法の再生(再掲載) | トップページ | 「日本の雇用システムの課題」 @『経営法曹研究会報』88号 »

『日本労働法学会誌129号』

9784589038531

『日本労働法学会誌129号 労働法における立法政策と人権・基本権論』(法律文化社(法律文化社)が届きました。中身は昨年10月16日に獨協大学で開かれた第132回大会の大シンポジウムです。

http://www.hou-bun.com/cgi-bin/search/detail.cgi?c=ISBN978-4-589-03853-1

<シンポジウム>労働法における立法政策と人権・基本権論―比較法的研究―

労働法における立法政策と人権・基本権論を比較法的に検討する今日的意義―報告全体の趣旨 浜村彰

イギリスにおける労働立法政策と人権・基本権論―労働市場の効率性と憲法化・シティズンシップ論― 有田謙司

ドイツ労働法における立法政策と人権・基本権論―最近の立法動向を中心に― 川田知子

フランス労働法における立法政策と人権・基本権論―合憲性審査における『雇用の権利』の意義と課題を中心に 細川良

日本の労働立法政策と人権・基本権論―労働市場政策における人権・基本権アプローチの可能性― 沼田雅之

総括―労働法における立法政策と人権・基本権論の比較法的研究から得られたもの 有田謙司

シンポジウムの議事録の冒頭に、わたくしの質問とそれに対する回答が載っています。

|

« 講座労働法の再生(再掲載) | トップページ | 「日本の雇用システムの課題」 @『経営法曹研究会報』88号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/70526056

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本労働法学会誌129号』:

« 講座労働法の再生(再掲載) | トップページ | 「日本の雇用システムの課題」 @『経営法曹研究会報』88号 »