« 『日本労働研究雑誌』2017年2・3月号 | トップページ | 国際自動車事件最高裁逆転判決? »

元組員雇用給付金

神戸新聞に興味深い記事が・・・。

https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201702/0009954104.shtml(元組員雇用の事業所に給付金 兵庫県が制度創設へ)

指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)と神戸山口組(本拠地・淡路市)の対立が続く中、組織からの離脱を促すため、兵庫県警は2017年度、組を離れた元組員を雇用した県内の事業所に対し、1人当たり最大72万円の給付金を出す制度を創設する。同様の制度は福岡県警に続いて2例目という。県の同年度当初予算案に、5人分を想定した360万円を計上した。

 給付金支給は1年間のみ。雇ってから半年間は就労日数に応じて月額最大8万円、その後は3カ月ごとに12万円を支給する。・・・

こ、これは・・・。

記事をよく読むと、この給付金の目的は、元組員ということで就職が困難な人の就職を促進するというよりも、「組織からの離脱を促すため」ということのようですが、たとえば国の制度である特定求職者雇用開発助成金が、1年間計60万円であるのと比べても若干高めに設定されていますね。

|
|

« 『日本労働研究雑誌』2017年2・3月号 | トップページ | 国際自動車事件最高裁逆転判決? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/69755780

この記事へのトラックバック一覧です: 元組員雇用給付金:

« 『日本労働研究雑誌』2017年2・3月号 | トップページ | 国際自動車事件最高裁逆転判決? »