« 時間外労働の上限規制 | トップページ | 諏訪康雄『雇用政策とキャリア権』 »

同一労働同一賃金と集団的労使関係@『労働判例』2月15日号

Roudouhanrei_2017_02_15『労働判例』2月15日号の巻頭エッセイ「遊筆」に「同一労働同一賃金と集団的労使関係」を寄稿しました。

http://www.e-sanro.net/jinji/j_books/j_rodohanrei/d20170215/

・遊筆―労働間題に寄せて
同一労働同一賃金と集団的労使関係 独立行政法人労働政策研究・研修機構統括研究員 濱口桂一郎

なお、本号は「労働契約法20条をめぐる判例と課題~ハマキョウレックス(差戻審)事件・長澤運輸事件判決からみえるもの~」という鼎談が載っています。

鼎談者は、経営法曹からは峰隆之さん、労働弁護士からは水口洋介さん、学者からは山本圭子さんです。これは結構読みでがあります。

|
|

« 時間外労働の上限規制 | トップページ | 諏訪康雄『雇用政策とキャリア権』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/69607675

この記事へのトラックバック一覧です: 同一労働同一賃金と集団的労使関係@『労働判例』2月15日号:

« 時間外労働の上限規制 | トップページ | 諏訪康雄『雇用政策とキャリア権』 »