« ドイツはジョブ型かメンバーシップ型か? | トップページ | 定年、継続雇用制度とはそもそも何か?@『エルダー』2016年12月号 »

2016年11月30日 (水)

政治業界の情弱ビジネス

昨日は、都内某所で秘密会合・・・、てなもんじゃなくって、懇親の会ですが、その場に持ち込まれた一本のビデオ映像が素晴らしかったです。いやいやそんな怪しげなものじゃなくってですね。

それは慶應義塾大学権丈善一ゼミの学生さんたちが先週土曜日に開かれたユース年金学会で発表、というか上映した一編なのですが、まことに抱腹絶倒、最後には涙が滂沱と流れる絶品に仕上がっておりました。

http://www.pension-academy.jp/youth/

 15:50発表4
権丈善一研究会18期(慶應義塾大学商学部/権丈善一教授)
「どうしてマクロ経済スライドのフル適用は実行されないの? ―退職者団体、労組、政治家、財務・厚労省へのインタビュー」
 (質疑応答)

そのうちYouTubeにアップされるとのことなので、楽しみにお待ちください。

Image458

(追記)

ちなみに、何かというと老人のせいで若者が割を食っているとか叫んでワカモノノミカタぶりっ子をしたがる人々に限って、こういう言葉の真の意味での高齢世代と若年世代の資源分配のあり方に係る問題には何も発言したがらないようですね。

まあ、年金なんかぶっつぶせとわめいていればそれで通用した人にとっては、こういう年金制度の中での公平性を議論というのは手に負えるものではないのかも知れません。

それにつけても、今日の若者、それも若者ぶってる中年者ではなく、権丈ゼミの学部生のような若い人々が、これほどに制度をきちんと勉強し、わきまえた上で、枢要のステークホルダーに突撃取材を敢行し、かくも絶品のビデオ映像を作り上げたということは、当該若者世代は(その上の若者ぶりっ子世代よりも)ずっと真っ当であるということを物語っているのかも知れません。

|
|

« ドイツはジョブ型かメンバーシップ型か? | トップページ | 定年、継続雇用制度とはそもそも何か?@『エルダー』2016年12月号 »

コメント

>ちなみに、何かというと老人のせいで若者が割を食っているとか叫んでワカモノノミカタぶりっ子をしたがる人々に限って、こういう言葉の真の意味での高齢世代と若年世代の資源分配のあり方に係る問題には何も発言したがらないようですね。


「○○について語るなら△△にも言及しなければならない」ということはない。高齢者批判や年金批判を行う論者は、聞かれれば普通に答えてくれると思いますよ。現行制度自体を批判しているのだから、興味が無いのは当然ではないですか。ちなみに、池田信夫氏は既に見解を示しています。

投稿: 阿波 | 2016年11月30日 (水) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/68644487

この記事へのトラックバック一覧です: 政治業界の情弱ビジネス:

« ドイツはジョブ型かメンバーシップ型か? | トップページ | 定年、継続雇用制度とはそもそも何か?@『エルダー』2016年12月号 »