« 定年、継続雇用制度とはそもそも何か?@『エルダー』2016年12月号 | トップページ | 拙著短評いくつか »

諸外国と比較した日本の外国人労働者政策@『月刊人材ビジネス』12月号

201612 『月刊人材ビジネス』12月号に「諸外国と比較した日本の外国人労働者政策」を寄稿しました。

 現在、日本の外国人労働者政策は大きな曲がり角にさしかかっている。そこで、外国人労働力導入の先輩である欧州諸国の経験を振り返ってみよう。かつて植民地帝国であったイギリスやフランスなどは、高度成長期まで旧植民地からの労働力が大量に流入し、彼らが単純労働力を担った。一方敗戦国ドイツはトルコなど途上国との二国間協定で(帰国を前提として)短期滞在の労働者を受け入れた。・・・・

|
|

« 定年、継続雇用制度とはそもそも何か?@『エルダー』2016年12月号 | トップページ | 拙著短評いくつか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/68652544

この記事へのトラックバック一覧です: 諸外国と比較した日本の外国人労働者政策@『月刊人材ビジネス』12月号:

« 定年、継続雇用制度とはそもそも何か?@『エルダー』2016年12月号 | トップページ | 拙著短評いくつか »