« 外国人労働者政策の曲がり角?@WEB労政時報 | トップページ | ドイツはジョブ型かメンバーシップ型か? »

『新版<働く>ときの完全装備 15歳から学ぶ労働者の権利』

Kaiho_2橋口昌治・肥下彰男・伊田広行さんによる高校向け労働法教材『新版<働く>ときの完全装備 15歳から学ぶ労働者の権利』をおおくりいただきました。ありがとうございます。

本書の初版は2010年に出ていて、その時も本ブログで取り上げております。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/15-532e.html

著者の一人の橋口さんが、ツイッター上で短く広報されていますので、それもご紹介。

https://twitter.com/rodokoyo/status/793100118039769088

肥下彰男さん伊田広行さんとの共著『働くときの完全装備 15歳から学ぶ労働者の権利』の新版が出ます。「辞めたいのに辞めさせてくれない」といった教材、「レイシャル・ハラスメント」「水商売・セックスワーク・AV強要」といったコラムが増えました。11月下旬発刊です。よろしくお願いします。

Cwgmndukaa5gn_


初版と違うのは、一つは教材が二つ増えていて、それは「辞めたいのに辞めさせてくれない」と「パワハラにやられっぱなしにならない」です。これは時宜に適しています。とりわけなまじ労働法を知っている人からすれば当たり前すぎてあまり意識に上らない「辞めさせてくれない」問題は、とりわけ本書の想定対象である若い人々にとっては大変切実な問題であるわけで。

もう一つ、橋口さんのツイートにもあるようにコラムがめったやたらに増えてます。初版では4つだったのが新版では12も。その中には「水商売・セックスワーク・AV強要」というのも入ってます。

|
|

« 外国人労働者政策の曲がり角?@WEB労政時報 | トップページ | ドイツはジョブ型かメンバーシップ型か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/68618770

この記事へのトラックバック一覧です: 『新版<働く>ときの完全装備 15歳から学ぶ労働者の権利』:

« 外国人労働者政策の曲がり角?@WEB労政時報 | トップページ | ドイツはジョブ型かメンバーシップ型か? »