« 労働判例研究「偽装請負と黙示の雇用契約の成否--DNPファインオプトロニクスほか事件」@『ジュリスト』11月号 | トップページ | JIL雑誌も「兼業・副業」特集 »

日本労働法学会誌128号

Isbn9784589038005 『日本労働法学会誌128号 労働者派遣法の新展開/労働契約法20条の法理論的検討/職場のハラスメント問題への新たなアプローチ』が届きました。

http://www.hou-bun.com/cgi-bin/search/detail.cgi?c=ISBN978-4-589-03800-5

今年5月29日に同志社大学で行われた日本労働法学会大会のミニシンポ3つと個別報告4本を収録したものですが、私が聞いて面白かった「労働者派遣法の新展開」の本久洋一さんの報告は、なぜか収録されていませんで、次号回しだそうです。

「職場のハラスメント問題への新たなアプローチ」については、これは編集担当者の責任のような気がしますが、文章中に「ハランスメント」とか「ハランメント」とかという字面が残っているのはちょっと問題でしょう。

個別報告では、朴孝叔さんの「日韓の集団的変更法理における合意原則と合理的変更法理」が、日本との微妙な違いが興味深いです。

|
|

« 労働判例研究「偽装請負と黙示の雇用契約の成否--DNPファインオプトロニクスほか事件」@『ジュリスト』11月号 | トップページ | JIL雑誌も「兼業・副業」特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/68098928

この記事へのトラックバック一覧です: 日本労働法学会誌128号:

« 労働判例研究「偽装請負と黙示の雇用契約の成否--DNPファインオプトロニクスほか事件」@『ジュリスト』11月号 | トップページ | JIL雑誌も「兼業・副業」特集 »