フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« EU最低賃金制? | トップページ | 雇用仲介事業等の在り方に関する検討会報告書の一影響 »

2016年9月25日 (日)

やや単純化しすぎでは?トッドさん

Img_2318d1e8a3438ef5699d8537f4eacce なぜか本国のフランスでよりも極東の日本での方が人気が高くなっているらしいエマニュエル・トッド氏。日本でやった最近の講演をまとめて日本語でとっとと出した本のタイトルが『問題は英国ではない、EUなのだ』。

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166610938

実はやや看板とずれがあり、後半の全体の4分の3近くはトッド自身の半生記だったりして、それほどイギリス論でもなければEU論でもない。

そして、タイトルに対応する部分も、正直やや突っ込み不足の嫌いが。

この本でトッドが言っている反EUのイギリスというのは、典型的には今回労働党の党首に再選されたコービンみたいなスタンスに近い。

確かにそういう部分が重要であることは間違いない。

実際、国民投票のときに本ブログに書いたこの記事で指摘したように、

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-e515.html (EUはリベラルかソーシャルか?)

近年極めてネオリベラル的色彩を強めているEUに対するナショナルなソーシャル勢力の反発という面は間違いなくあるし、それが今日のEU政治を解く一つの(あくまで一つの)軸であることも間違いない。

でもね、とりわけイギリスという複雑怪奇な相手には、そういう単純な軸だけでは行かない。トッドはやたらボリス・ジョンソンを褒めあげているけれども、彼のポピュリズムをポデモスやシリザと同列に置くことはできないだろう。

ネオリベラルなEUを嫌がるソーシャルなイギリスとソーシャルなEUを嫌うリベラルなイギリスのねじれながら結合した姿を、トッドは自分をイギリス通だと強調しているけれども、やや捕らえ損ねているんじゃなかろうか。

彼のいうグローバリゼーション・ファティーグ(グロバル疲れ)というのは確かにあるけれども、彼自身言うようにイギリスはアメリカと並んでその先頭を切って進んできた国であり、そしてまことに入り組んでいるけれども、イギリスの中の反EU論(少なくとも保守党内のそれ)のかなりの部分は、ナショナルな社会制度を壊しにかかるネオリベなEUに対する反発ではなく、市場志向の政策をやたらに拘束しにかかるEUの「レッドテープ」に対する反発というかたちで表現され、共感されているということもまた紛れもない事実なのだから。

正直言って、本書は余りにも「時論」として、よくわかっていない極東の一般大衆向けに単純簡明な筋道を示そうとするあまり、過度な単純化に陥ってしまったように見える。

« EU最低賃金制? | トップページ | 雇用仲介事業等の在り方に関する検討会報告書の一影響 »

コメント

そうですか、買わなくてもよいか(笑)。
ドイツ批判第二弾でしょうし、来月来ますしね。オルドが嫌いなんですよ、きっと。そしてユーロの名(象徴的職)は小国に、実を独仏で握り、南欧は右往左往。
でも、ついにトッドも紀尾井町出版にかかると予言者扱いですね(笑)。
たしかに社会科学で唯一!予測立証率が高い「人口学」でトッドと言えばかの崩壊予測がいまだキャッチですし、でもそろそろ新しいヒットもないとなあとのことでしょうかねえ。日本の血液型性格判断等々いまだに廃れぬ様は、まさにトッドには「最適市場」でございます。
幸せタイトルはあまり売れませんが、プロスペクトに親和性高い日本人には危機煽りっぱなしであとは知らんぷり本の著者たちくらいキチンとメディアはリストアップしてほしいですねえ。なんだかやたらと長〇川氏が本連発しておりますねえ。
トッドはその類ではないですが、最近どうも??。
ちなみに、議論建て大好きなスティグリッツも「ユーロから始まる世界経済の大崩壊」で対抗します(笑)。センと共同のGDPに替わる新しい指標づくりはあの後どうなったのだろう?サルコジが大統領に復活したらやるかな?

トッドを日本に導入させようとしているのが中野剛志・藤井聡界隈なので、「グローバル=市場原理=競争=格差=悪」くらいに相当捻じ曲げられていると思う。

いやいや、四半世紀前に藤原書店から『新ヨーロッパ大全』がでた頃から、私も注目してたし、かなりインパクトはあった。

むしろ最近の文春路線が、ややジャーナリスティックにフレームアップしすぎの嫌いがある。

あんまり近視眼的に見ない方が良い。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やや単純化しすぎでは?トッドさん:

« EU最低賃金制? | トップページ | 雇用仲介事業等の在り方に関する検討会報告書の一影響 »