« 公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で労働者派遣をした者は | トップページ | 日本型雇用と働く女子の運命@『Work&Life世界の労働』2016年第3号 »

《勞動者派遣法》總算成為一部普通法律

昨年11月5日に日本語版が公開され、

http://www.nippon.com/ja/currents/d00203/ (ようやく普通の法律になった労働者派遣法)

すぐに英語版が公開され、

http://www.nippon.com/en/currents/d00203/ (A Welcome Revision of the Worker Dispatch Act)

しばらくして今年2月にフランス語版が公開されたこの記事ですが、

http://www.nippon.com/fr/currents/d00203/ (L’opportunité de la révision de la Loi sur le travail temporaire)

はじめの公開から半年以上経って中国語版が公開されました。繁体字版(台湾、香港その他)と簡体字版(大陸中国)の二つがあります。

http://www.nippon.com/hk/currents/d00203/ (《勞動者派遣法》總算成為一部普通法律)

http://www.nippon.com/cn/currents/d00203/ (《劳动者派遣法》总算成为一部普通法律)

D00203_main 在全球範圍都顯得極其特殊的日本派遣法

在2015年例行國會上,修訂版勞動者派遣法總算獲得了通過,過去顯得極為特殊的日本勞動者派遣法總算成為了和其他已開發國家同類法律相當的一部普通法律。但這一路卻並不平坦。2014年3月向國會提交的法案和同年9月提交的法案都成為了廢棄提案,2015年3月提交的法案也因在野黨的強烈反對而導致審議工作一拖再拖,到了(為保證安全保障法案獲得通過而故意延長到的)9月才總算獲得了通過。可是,在野黨在國會上的主張和人們在大眾傳媒等管道中發表的關於派遣法的論調全都迴避了日本勞動者派遣法的本質問題,始終只是情緒化的論調。

雖然許多勞動法研究者隱約感覺到這一點,卻始終沒有大膽說破,說明迄今為止的日本勞動者派遣法在全球範圍都是極其特殊的一種機制。其他各個已開發國家的派遣法都是旨在保護派遣勞動者的勞動法。或許大家會覺得這是理所當然的事情,但日本的派遣法並非如此。這是一部為了抑制派遣這種本質上並不受歡迎的勞動方式而對勞動者派遣事業加以限制的事業性立法。問題在於派遣這種勞動方式對誰是不受歡迎的呢?・・・・

|
|

« 公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で労働者派遣をした者は | トップページ | 日本型雇用と働く女子の運命@『Work&Life世界の労働』2016年第3号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/65979790

この記事へのトラックバック一覧です: 《勞動者派遣法》總算成為一部普通法律:

« 公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で労働者派遣をした者は | トップページ | 日本型雇用と働く女子の運命@『Work&Life世界の労働』2016年第3号 »